ダニエル・レヴィ、アントニオ・コンテ、そしてトッテナム・ホットスパーの決定的な2週間

この記事は約8分で読めます。

スパーズとコンテの相性は、ロンドンの向こう側にある彼の古巣クラブと似つつも対照的な奇妙さを持っている。すぐに勝利を求めるチェルシーがプロジェクト・マネージャーであるグラハム・ポッターを監督に任命し、本来プロジェクト・クラブであるべきスパーズが勝利の請負人である監督を任命しているのは、ある種の皮肉がある。

そのため、トッテナムはある種の手詰まり感、あるいは少なくとも悪循環に陥っているのではないかという疑問でいっぱいの時期が続いている。

コンテは、ノースロンドンのクラブに留まりたいのだろうか?そうでないのであれば、スパーズは来シーズンにいるかどうかわからない監督に合わせた選手補強にお金を費やすのだろうか?すでにコンテは、それを行った場合にどうなるかを存分に見せつけている。近年ではプレミアリーグの最高のミッドフィルダーの1人だったイヴ・ビスマは最も顕著な例で、今、トッテナムのユニフォームを着た彼はかつての自分の影となってしまった。

ロドリゴ・ベンタンクールの復帰が間近に迫っていることもあり、コンテは今シーズン苦しんだ負傷を常に指摘しているが、どの選手が彼のもとで本当に成長したのかを特定するのは難しく、それはフットボール界における最高の監督の一人としては奇妙なケースといえるだろう。

53歳のコンテの試合後のピッチサイドのインタビューと記者会見のどちらでも、存分にアーセナルが真のタイトル候補であるという賞賛を語っており、一方でスパーズのチーム・パフォーマンスに失望していなかったと明かし、加えてここ数週間に出場させた若手選手について、余談を交えつつ語ってくれた。

今シーズン、プレミアリーグで1試合に出場したジャフェト・タンガンガは、日曜日にはベンチ入りメンバーにも選ばれなかったのだが、どうしてコンテがノースロンドン・ダービー敗戦の後の記者会見が即座に話題にしたのかは、まったくもって不明である。

コンテは、人生の大半をミシュランの星付きレストランで食事をしてきたが、今は家族とファーストフードのチェーン店で定期的に食事をしなければならなくなった男のような雰囲気を持っている。彼はニコニコしながら「いつもとは違うから、皿に盛られたものには期待しない方がいいよ」と家族に言い聞かせているのだ。

それはトッテナム・ファンが聞きたいことではなく、もし彼らが良いフットボールを見ながらも、物足りなさを感じているのであれば、少しは気が楽かもしれない。彼らはこれからマンチェスター・シティとの2試合、そして復調を遂げたフラムとの試合を控えるプレミアリーグでの悪夢の2週間を前に待ち構えていることを知っているのだ。

1月の移籍マーケットも残り2週間となり、トッテナムのシーズンは会長のレヴィとマネージング・ディレクターのファビオ・パラティチがこの先、どのような補強をするかにかかっている。

チームの全員がフィットしていればコンテの戦力のオプションは豊富だが、一部のポジショオンではまだ不足している。右ウイングバックのオプションは明らかに彼が望んだレベルにはなく、ルーカス・モウラの長期離脱はチーム戦力の厚みを保つためにもう一人のアタッカーが必要であることを意味する。

レヴィは、ファンの間でコンテに対する不満が高まっている間、すべての視線が会長である彼自身に向けられていることを知っているだろう。なぜならこのイタリア人が失敗した場合、そう、また再び、彼の出番になるからだ。

タイトルとURLをコピーしました