ダニエル・レヴィ、アントニオ・コンテ、そしてトッテナム・ホットスパーの決定的な2週間

この記事は約8分で読めます。

ピッチ外におけるクラブの進化とは対照的に、ピッチの上でのレヴィとENICに営まれたクラブは、プレミアリーグで失敗しながらもリーグカップを獲得したファンデ・ラモスを除けば、11人のタイトルに見放された監督で安定した戦果を続けてきた。

スパーズは、世界最高のスタジアム、世界最高のトレーニング・グラウンドを有しており、そして世界で最も成功した監督の一人を雇った。今、彼らはエリート・クラブの頂点に居座っていなければならないのだ。ポチェッティーノ時代の大躍進の上に土台を構築し、クラブはその期間に犯した間違いから学ぶ必要があった。

かわりにまわりのクラブに抜き去られ、自らは後方に滑り落ちている。アーセナルは、プロジェクト・マネージャーへの信頼と忍耐を示し、適切なタイミングでしっかろとお金をかけて若く有能な選手を獲得し、若くてエキサイティングなチームを手にすることで豊富な配当を得ている。そして今、コンテのチームとの勝ち点差は14ポイントとなった。

ニューカッスルは新しく見つけた潤沢な富をまだ使い始めてはいないが、トッテナムより上の順位に位置し、一方、ユナイテッドはオールド・トラフォードの権力争いを治めてエリック・テンハグを後押しし、正しい方向へ進んでいる。

スパーズの後塵を拝しているにもかかわらず、チェルシーは世界のフットボール界で最も豪華なチーム戦力を集めながら、とんでもない額の資金を自分たちの問題解決のために投じている。スパーズを含む多くのクラブが、スタンフォード・ブリッジの動向を注視し、移籍マーケットが閉じる前にどの主力選手を放出することになるのかを見極めているのかもしれない。

トッテナムでは、クラブの将来を担う重要なベテランの選手たちが自分の実力を発揮するのに苦労しており、クラブの象徴であるハリー・ケインがその契約期間の最後の1年半を迎え、その先もクラブに残る論理的理由があるのかについて疑問に思っても仕方がない状況であり、実際のところチームは移行期にあるように感じられる。

トッテナムにとって、今後のキーワードとなるのは「コミットメント」だ。これから2週間で、レヴィがコンテとの契約交渉に「コミット」し、その決断が正しいことを証明することになる。

イタリア人はその「コミットメント」の感覚を共有していないとクラブが判断する場合、クラブは対応をはっきりと示すだろう。

その中で、「自流れるような攻撃的で魅力的なフットボールに回帰すること」と語った2021年にレヴィの声明を振り返りながらトッテナムのファンも巻き込まれることになる。

その声明の1年後には、「私たちは、世界中のファンの皆様がトッテナム・ホットスパーを応援していることを誇りに思えるよう、これからもエネルギーと活力をもって仕事に取り組んでいきます」とも付け加えたのである。

今、そのどちらの言葉にもスパーズ・ファンにはしっくりこないだろうし、変化が必要なのだ。

Daniel Levy, Antonio Conte and a defining fortnight for Tottenham Hotspur
It was a tough night for Tottenham against their local rivals and what comes next for the chairman and head coach will define the rest of the season
タイトルとURLをコピーしました