プレミアリーグへの初挑戦に挑む超人イヴァン・ペリシッチのSky Sportsの独占インタビュー

この記事は約10分で読めます。
昨シーズンのペリシッチのプレーエリア(左)とパス・コースごとのパスの成否(右)

ウイングバックのポジションはコンテにとって優先事項であった。システムを変更し、その重要なポジションにいる選手たちにイタリア人が求める特定の要求をすることを考慮すれば、戦力の強化は十分に想定されたことだった。コンテのウィングバックには、ただの攻撃的なフルバック以上の能力が求められる。

この夏、コンテがすでに語ったように、チェルシー時代のヴィクター・モーゼス、インテルでのペリシッチとアントニオ・カンドレーヴァなど、ウィンガーをウィングバックにコンバートするのは得意とするところである。今、彼はルーカス・モウラを同じようにコンバートすることを考えている。この役割は無論、守備的なものではないのだ。

ペリシッチは昨シーズン、インテルで際立ったスタッツを残した。オープン・プレーからのクロスはセリエAで3位となる149本を記録したのだ。

これはケインにとって大きな違いを生むだろう。このスパーズのストライカーは過去5シーズン、プレミアリーグのどの選手よりも多くのヘディングでのゴールを決めている。

その順位においてリシャルリソンは7番目で、つまりトッテナムは過去5シーズンのプレミアリーグでヘディングでのゴール数が二桁になるフォワードを2人抱える唯一のチームとなるのだ。サイドからの安定したクロスの供給は、ゴールを効率的に生み出せることが証明されている。

昨シーズンのペリシッチのチャンス・メークとその結果(受け手のシュートの成否)

トッテナムは昨シーズン、その武器を欠いていた。実際、スパーズはBIG 6の中で最もクロスが少なかった。リーグ内でリバプールとマンチェスターシティが最も多くのクロスを入れており、スパーズは15位にランクした。ペリシッチの存在は、それを変えるのに十分であるはずだ。

コンテは「両足で優れたクオリティを誇る選手なんだ」と語った。事実、ペリシッチはどちらの足でも使いこなすことができ、Optaがそのデータを収集し始めてから、セリエAでPKを右足と左足で決めた唯一の選手である。

昨シーズンのインテルの攻撃エリアの比率
タイトルとURLをコピーしました