プレミアリーグへの初挑戦に挑む超人イヴァン・ペリシッチのSky Sportsの独占インタビュー

この記事は約10分で読めます。

そのため、彼のクロスを止めるのは難しく、昨シーズンのインテルの攻撃の中心が彼のいた左サイドだったことを納得である。もしスパーズでそれが再現されれば、昨シーズンのスパーズの攻撃が右サイドに偏重していたことを示すスタッツがあることから、攻撃の重点が移ることを意味する。

この「右サイドの攻撃が多かった」という事実は少し驚きであろう。エメルソン・ロイヤルは攻撃面での期待に応えられず、マット・ドハティが輝きを放った期間は短かったこともあり、スパーズにとって不安視されたエリアだからだ。

昨シーズンのスパーズの攻撃エリアの比率

ペリシッチが左サイドに開いて、ソンが中に入ってくるようになれば、問題は少なくなるはずだ。唯一の心配事は、彼のキャリアの現段階で、プレミアリーグでの過酷な守備の要求に挑戦できるかどうかということだろう。

イタリアでの昨シーズン、ペリシッチは3本のヘディング・シュートを決めただけでなく、ディフェンスでの空中戦にも勝てることを証明した。クロスのブロックとパスのブロックのスタッツではトップ12に入り、インターセプトも決め、ピッチの高い位置でボールを奪い返した。

昨シーズンのペリシッチの守備のスタッツ

ペリシッチはプレスもパスもでき、ゴールもアシストもできる。コンテはすでにスパーズを改善し、昨年11月の就任以来、プレミアリーグで3番目に多い勝ち点を獲得している。しかも、彼はまだパズルのピースがすべて揃っていない状態でそれを成し遂げたのだ。

このハイクラスの左ウイングバックが加入したことで、激変を起こすだろう。

イヴァン・ペリシッチの活躍に期待したい。

Ivan Perisic exclusive: New Spurs signing jokes about 'cheap' FPL price and how Luka Modric helped with his move
New Tottenham signing Ivan Perisic speaks exclusively to Sky Sports about how Luka Modric helped with his move and jokes about his cheap Fantasy Premier League ...
タイトルとURLをコピーしました