ステーフェン・ベルフワインの売却を済ませてからのクレマン・ラングレの獲得によってチーム再建への重要な一歩を踏み出す

この記事は約4分で読めます。

また、セルヒオ・レギロンとジョー・ロドンは、モウリーニョが獲得した選手だが、それぞれイヴァン・ペリシッチとラングレに取って代わられ、この夏、退団する可能性がある。

ヌーノ・エスピリト・サントのもとで獲得したブライアン・ヒルとエメルソン・ロイヤルもまた、スパーズでの将来が不透明であり、この夏に適正な価格のオファーが届けば退団する可能性がある。

クラブのこの夏の移籍ビジネスで、ついにマウリシオ・ポチェッティーノ時代からの脱却が図られるかと思われたが、新シーズンに向けてコンテの重用するであろう主力選手たちは、アルゼンチン人指揮官の時代も主力であったハリー・ケイン、ウーゴ・ロリス、エリック・ダイアー、ベン・デイヴィス、ソン・フンミンであり、それに2022年になってから加わった選手たちである。

インテル・ミラノの5000万ポンドと評価したアレッサンドロ・バストーニが、イタリアのクラブを去ることに対して消極的だったためにスパーズが獲得から手を引いたことによってラングレがやってきたのだが、このフランス人ディフェンダーもまた、的確な補強であると考えられる理由がある。

27歳にしてバルセロナですでに150試合以上に出場した経験があり、コンテの3バックの左でプレーするのに必要な資質を持っている。

左利きで、ボール扱いに慣れ、ベテランのペリシッチやフレイザー・フォースター、プレミアリーグで実績のあるイヴ・ビスマやリシャルリソンに続き、新しい環境にすぐに適応できることが期待される選手である。

ラングレは最近バルサで出場機会が得られずに苦戦し、さらにミスを犯すようになったが、コンテはすでにダイアーやベン・デイヴィスらで実績を残したように、ラングレの良さを引き出すだろうと期待されている。

スパーズはまだ右ウイングバックの獲得に動いており、ミドルズブラとジェド・スペンスの移籍で交渉中で、さらにクリエイティブな選手も狙ってる。一方で、退団についても熱心であり、特にコンテはチーム内の不満分子が負の影響をもたらしてしまうことを警戒している。

今回の移籍マーケットでは、ダニエル・レヴィ会長が率いるスパーズにとって、獲得選手のプロフィールや獲得のスピードなど、すでに前例のないことが多くなっている。

これらの変化はクラブの財政的な強さとコンテの影響力を反映したものであり、コンテは移籍マーケットの最後の数週間も、自身のイメージ通りにチーム戦力を再編成するために手を緩めることはないだろう。

One in, one out: How Tottenham’s rebuild took another key step forwards
Tottenham’s summer rebuild is continuing apace, with Steven Bergwijn out and Clement Lenglet in on Friday.
タイトルとURLをコピーしました