ハリー・ケイン、ルーカス・モウラ、オリヴァー・スキップ – セビージャ戦で分かったこと

この記事は約4分で読めます。

ルーカスは昨年1月の補強ターゲットであったアダマ・トラオレと似たようなプレースタイルであり、昨シーズン、ルーカスにヴィクター・モーゼスのようなコンバートの機会が与えられるかもしれないと思われたが、コンテはこのブラジル人をウイングバックで実験することはなかった。

リシャルリソンがスパーズの攻撃的オプションを高め、イヴァン・ペリシッチも3トップの一角としてプレーできるため、コンテは新シーズンにルーカスをウィングバックに転向させることを考えているのだろうか?

その可能性は無くはないが、今回の選択はプレシーズン中の各選手のプレー時間を管理するためか、おそらくサイドでよりスピードがある選手を試してみたいという欲望であろう。後者はスペンスが加入することで実現しそうでもある。

いずれにせよ、この状況は注目に値する。ルーカスが新シーズンにウイングバックを定位置とすることになれば、スパーズに残留することを希望しているドハティとエメルソンにとって悲報であることは明らかだ。

ルーカスは、ファイナル・サードでの決定力を欠いたものの、サイドでのアップダウンをしっかりとこなしていた。

熾烈な中盤のポジション争い

昨シーズンの2月から、ピエール・エミール・ホイヴィアとロドリゴ・ベンタンクールはコンテの中盤の2枚としての確固たる地位を築いていたが、この2人のクオリティからすると、これは2人の相性によって判断されたものではなく、必要性によるものだった。

タイトルとURLをコピーしました