ハリー・ケイン、ルーカス・モウラ、オリヴァー・スキップ – セビージャ戦で分かったこと

この記事は約4分で読めます。

オリヴァー・スキップが1月から欠場し、今回ロンドンに居残りとなったハリー・ウィンクスが構想外となっていたため、コンテにはほとんど選択肢がなかったのだ。

しかし、今は違う。

スキップは再びフィットし、韓国ではセビージャ戦で2度目の先発出場を経験した。さらにスパーズはブライトンからイヴ・ビスマを獲得た。残念ながらビスマはプレシーズン・ツアーで韓国に到着して早々にコロナ陽性となってしまい、ソウルのホテルで隔離生活を強いられている。

これからスパーズは史上最も過酷なシーズンに挑み、4つの大会を同時に戦っていくことになるため、中盤の4人はいずれも多くの出場時間を得るだろうが、どのペアがコンテのファーストチョイスとして頭角を表すかは興味深いところである。

今回の先発メンバーのうち、スキップは水原で再び印象的なプレーを見せたが、ホイヴィアは前半に2度もルーズパスでセビージャにチャンスを与えてしまい、散々な結果に終わった。

What we learned with Conte given food for thought by Tottenham
Tottenham rounded off their pre-season trip to South Korea with a 1-1 draw against La Liga side Sevilla in Suwon.
タイトルとURLをコピーしました