長引いたペドロ・ポロの移籍交渉、マット・ドハティの不可解な運命、そして実現しなかった放出 – 冬の移籍マーケットの裏話

この記事は約13分で読めます。

トッテナム・ホットスパーとダニエル・レヴィ会長がプレッシャーにさらされたこの冬の移籍マーケットの裏話。

Football London/Alasdair Gold

1月の移籍マーケットで、トッテナムの会長であるダニエル・レヴィがアントニオ・コンテのシーズン後半の見通しを改善できるるかどうかに注目が集まっていた。その答えは、誰もがあと一人と思いつつも、まあまあの出来だった。

12月にfootball.londonは1月の移籍マーケットでスパーズが優先するポジションは右ウイングバックとアタッカーであると報じた。この2つのポジションは、クラブの最優先ターゲットであったペドロ・ポロと、アルノー・ダンジュマの獲得で実現することとなった。

しかし、問題はその優先順位をどう解釈するかの違いにある。スパーズ・ファンを含め、クラブを外から見ているほとんどの人は、10試合で21失点を喫しながらも、プレミアリーグで3番目に多いゴール数を記録している点に重きを置いているのだ。ゆえに、夏に3人目の攻撃的なウイングバックを獲得したにもかかわらず、冬にも同ポジションを補強したことや、新たなアタッカーを加えたことは、センターバックをアップグレードすることよりも重要度が低いように見えた。

コンテは間違いなく、公式戦この6試合で4度のクリーンシートを達成したことで守備力が向上していることを証明したと言うだろうが、そのうちの2試合は下部リーグのチーム(ポーツマス、プレストン)が相手だった。

トッテナムの2人の加入は、デヤン・クルゼフスキとロドリゴ・ベンタンクールが昨シーズンの後半戦に見せたような変革の効果を生み出す可能性がある。

新たな右ウイングバックがコンテのシステムに完璧なフィットすれば、チームのギアを大きく上げる重要なステップであり、ここ数シーズンの急速なペースでの成長をポロがこれからも続ければ、このポジションでワールドクラスの選手になる可能性がある。

何ヶ月も前からスパーズの優先ターゲットだったにもかかわらず、移籍マーケットの期限となる午後11時の10分前に公式発表されたことは、この移籍交渉がいかに長引き、複雑なものであったかを示している。交渉が長い道のりを歩むことになったことの批判がレヴィに向けられたのが皮肉であったのは、そのような交渉術はかつてのレヴィが得意とし、相手クラブを苦しめていたからである。

スポルティングにポロを売却する意思はなく、それは何週間も前から明らかだった。また、移籍金条項の問題もあり、誰に告げる必要があるとか、移籍マーケットの最初の2週間しか有効でなかったとか、告知期間があったとか、また別の情報源によると夏だけ有効であったとか諸説が入り乱れている。

その後、スパーズが取引を成立させたと思ったところで、スポルティングがその交渉をさらに引き伸ばし、そして日曜日に問題が発生して、月曜日に予定していたメディカル検査はキャンセルされることになった。おかげで移籍を望んでいた選手本人は気分を大いに害し、両クラブの交渉は暗礁に乗り上げた。

タイトルとURLをコピーしました