この夏の移籍取引はアレッサンドロ・バストーニへの動きなどの未来を示唆している

この記事は約5分で読めます。

何が起こらなかったか

トッテナム・ファンは、今月は攻撃的ミッドフィルダーの補強ができなかったと指摘することだろう。2020年1月にクリスチャン・エリクセンがインテル・ミラノに移籍して以来、サポーターはファビオ・パラティチにプレーメーカーを獲得することを切望していたが、それは全く起こらなかった。

また、アレッサンドロ・バストーニやヨスコ・グヴァルディオルへの高額な獲得オファーが噂される中、スパーズが最高レベルの左サイドのセンターバックを逃したことも、ファンの間で注目されている。ラングレはバルセロナからのローンで加入したが、ローンということは、来年の夏、再びこの2人のどちらかの獲得を狙う可能性を示唆している。

また、ブライアン・ヒルがローンで出すために、新たなアタッカーの加入を狙っていたという背景から、アタッカーの補強も起きなかったこととなる。ダニエル・ジェームズは、最終日の前に名前が挙がっていたが、その後、リーズ・ユナイテッドからフラムに移籍した。

また、いくつかのローンでの退団が実現しなかったが、中でもジャフェト・タンガンガとヒルは移籍を決めることができなかった。前者はACミランとローマが獲得に動いており、セリエAへの移籍が有力視され、後者はバレンシアへの移籍がほぼ決定していたものの、最終日に破談となった。

パペ・マタル・サーもトッテナムの選手としてクラブに残り、成長を助けるために他の場所にローンで移籍するのではなく、中盤でカバーすることになる。ハーヴェイ・ホワイトもまた、ロンドンに留まり、同じ船に乗っている。

何が次に起こるのか

今後数ヶ月で、トッテナムの移籍マーケットでパラティチとコンテが次に何をしたいのかが明らかになるだろう。ワールドカップが終わった後、どのような状況になるかはまだわからないが、多くのチームがシーズン後半戦に向けて戦力を強化したいと考えているのは間違いないだろう。

トッテナム・ファンはチーム戦力をさらに盛り上げるために、もう数人の顔ぶれの加入を切望するだろうし、コンテもまったく同じように感じている可能性が高いだろう。夏の間のスパーズの移籍活動は、これから先にN17で何が起こるについても光を当てることなる。

新しい攻撃的ミッドフィルダーに関する話は、実際にそのポジションの選手が契約書に署名するまで消えないだろう。一方、現在のスパーズは、ルーカス・モウラの契約とヒルがノースロンドンで成功するかどうかの懸念のためにそのポジションの補強をこれからも検討していかなければならない。前述のように、シーズン・ローンでラングレがやってきたことは、スパーズが来年の夏にインテル・ミラノからバストーニを引き抜く動きに出る可能性を示唆するものである。

クオリティの高い選手が獲得でき、選手層が厚くなったことからも、トッテナムにとって全体的に良い夏となった。しかし、スパーズは1度の移籍マーケットですべての問題を解決するつもりはなかった。彼らはさらに前進し、この夏の移籍活動がトッテナム・ホットスパー・スタジアムでの成功のシーズンにつながることを期待している。

Paratici's Tottenham summer transfer window deals drop Bastoni hint
Here we take a look at what happened, what didn't happen and what comes next for Tottenham following the closure of the transfer window
タイトルとURLをコピーしました