激怒するコンテ、トッテナムが持つマーカス・エドワーズの移籍条項、クルゼフスキとエメルソンの問題 – スポルティング戦の注目トピック

この記事は約18分で読めます。

スポルティングのルーベン・アモリム監督は、エドワーズに大きな期待を寄せているようだ。

「マーカスはとても才能のある選手だと思うよ。彼はライン間でプレーするのに最適な選手の一人だ」

「彼はポルトガルのライフスタイルに適応するのに少し時間がかかったね。我々はとても若いグループだ。そのすべてが、選手の成長に影響を与えたんだよ」

「彼はとても才能がある。彼はもっともっと良くなることができるよ。イングランド代表になることだってできる。彼はもっとトレーニングやその周りにあるすべてのことに集中しなければならない。フットボールは試合だけでなく、そこにあるものすべてだ」

「私は彼をとても信頼しているよ。彼が大きく成長できることも知っている。まだまだこれからだが、彼と契約したことは素晴らしいビジネスだったと思っている」

チームの勝利と自身の活躍の後、エドワーズはメディアに対してこう語っている。

「いい気分だね。ハードな切り替えで、最後にあんなふうに勝てたのは最高の気分だよ。これ以上の幸せはないね。僕たちは勝利に値するんだ。自分たちのプレーを見せることができたよ」

「特別なこととは言えないけどk、スパーズと対戦するのは不思議な気分だった。僕は長い間そこにいたけど、コーチング・スタッフや何人かの選手たち、知っている人たちに会えたのはよかったと思うよ」

「いつもと変わらないよ。他の試合と同じように準備し、集中する。ここにはちゃんとした家族のような環境があるから、これ以上ないくらい幸せだよ」

いつかプレミアリーグに戻ってくることについて、彼はこう宣言した。

「ああ、もちろんだ。僕のホームだから、もちろんいつか戻ってくるよ」

また、アモリムが語ったイングランド代表への招について。

「それが脳裏をよぎったとは言わないよ。僕はここでやっていることに集中するだけだから、そんなことは考えていないけど、もちろん(そうなったら)嬉しいね」

また、古巣スポルティングの動向を注視しているエリック・ダイアーは、エドワーズの成長に感銘を受けたと語っている。

「彼のことはよく覚えているよ。トッテナムで数年間、僕らと一緒に練習していたからね。とても才能のある選手だと思うよ。技術的にも非常に優れていて、明日はかなり注意を払わなければならない選手だ。彼がここ(ポルトガル)に来てから、とてもよくやっていると思う。新しい国に来て、違うリーグでプレーするのはとても難しいことだからね」

「レギュラーとしてプレーするためにトッテナムの環境を離れていった。自分が行ったチームであれだけの成績を残し、そこからスポルティングにやってきたことは、明らかに本人にとってとても誇らしいことだと思うよ」

さらに、いつかイングランド代表としてプレーできるかどうかについて。

「まあ、それは彼次第だよ。とても才能のある選手だと思うし、とても強いし、そうだね、もし彼が代表チームに入ることができたら最高だね。もし彼がこのまま進化し続ければ、代表チームに入ることができると思うよ」

スパーズはいつか売却条項の恩恵を受けるだろうが、マーカス・エドワーズが少年時代を過ごしたクラブでスターになれなかったという悔しさが常に残るだろう…いつか彼が戻ってこない限りは。

タイトルとURLをコピーしました