アントニオ・コンテ:レスター戦を控えての記者会見+1

この記事は約8分で読めます。

トッテナム・ホットスパーのボスは、スウェーデン代表をベンチに置いたことは、選手に説明をしなければならないほど大変なことだったと認めている。

アントニオ・コンテは、デヤン・クルゼフスキをベンチ・スタートにする決断があまりに難しかったため、「先発メンバーから外れた理由を選手に説明しない」という自身のルールを破る必要があったことを明かした。

この22歳のアタッカーは、ここ3試合でスパーズの先発メンバーから外れているが、出場するたびに印象的なプレーを見せている。クルゼフスキはプレミアリーグでの最初の24試合で10アシスト、6ゴールと16ゴールに関与していた。

しかし、コンテは最近の試合では、ハリー・ケインの両脇にリシャルリソンとソン・フンミンをアタッカーとして起用することにしている。普段は自分の選手選考に関する決断を選手に説明しないが、今回はクルゼフスキと話しをすることで、彼の信頼を確保する必要があると感じたという。

「これは良い問題で、競争力を高めようとするチームにいる、こうなるんだ。これから競争力を高めようとするチームになるためのスタート地点だよ。リシャルリソンは重要な選手であり、昨シーズンに比べて強力な選手が一人増えたわけだ。ソニー、ハリー、デキがいるこのチームに彼が加わり、みんなが本当によくやってくれている」

「デキを3試合連続で外したことは、正直言って、私にとっては難しいことだったね。私は選手に逐一説明するのが好きではないんだが、それは毎試合、一人、また一人と話をしなければならないからなんだ。最も重要なのは、その役割に敬意を払うことだと思うからね」

「だがそれでもデキと話をしたよ。3回続けてベンチ入りとなったのだが、私の信頼や信用がいつも通りだと彼には感じてもらう必要があった。ただ、リッチー、ソニー、ハリーという3人のストライカーで強いインパクトを与えたかったので、戦術的な判断に過ぎないんだ。デキはストライカーではなく、背番号10なんだよ。この理由だけだ」

「ハリー、ソニー、リッチーの3人でプレーできることをよく理解できたので、満足しているよ。同時に、デキは私にとっても、チームにとっても重要な選手だ。彼は今、重要な時期を迎えているね。彼の肉体は強靭で優れた男だ」

「私は家に帰って、彼が3度もベンチ・スタートになったことを考え始めると、それは良い問題だが、同時に難しい問題でもあるからだ。だが、これは明確なメッセージだが、私が下すすべての決断は、常にチームのため、選手の健康のため、選手を最善の状態に保つため、ケガのリスクを避けるためのものだ。同時に、チームのクオリティを落としたくはないんだよ。最終的には勝利を目指しているわけだからね」

タイトルとURLをコピーしました