欧州での勝利で明らかになった真実、コンテに浮上した新たなソンへの疑念 – マルセイユ戦の注目ポイント

この記事は約7分で読めます。

決して楽ではないグループ

2週間前にグループリーグの抽選が行われたとき、トッテナムはグループDの対戦相手で満足していたことだろう。ポット1の強豪たちを避け、ポット3のインテルやナポリとも対戦しないこのグループは、スパーズがヨーロッパ最高峰の大会に復帰する上で、完璧なグループであるように思えた。

もちろん、過去2回の大会で出場を逃しているため、ヨーロッパの強豪と対戦できることは嬉しいことではあるが、クラブは何よりもまず、自分たちを決勝トーナメントに進めさせてくれるような抽選を望んでいた。しかし、グループDはコンテのスパーズにとって、決勝トーナメントへ進むための大きな挑戦であり、一筋縄ではいかないものだった。

水曜日の夜、ポット4の中で最強のチームであるマルセイユがスパーズにとって信じられないほど難しい相手で、長い時間ボールを支配していたことからも、それは明らかだった。90分間に18本のシュートを放ったが、スパーズは2本しか枠内に放つことができず、パウ・ロペスはその大半を難なくやりすごしていた。

この2本の枠内シュートは、リシャルリソンがチャンピオンズリーグのデビュー戦でゴールにねじ込んだものだ。この日の先制ゴールを決めるまでは、そのスコアが長引けば長引くほど、スパーズは決定的な打開策を見出せず、ホームでの初戦で勝ち点3を逃すのではないかと思われた。

アイントラハト・フランクフルトやスポルティングCPも手強い相手であり、特にグループリーグでこの3チームとアウェーで戦う際には苦しむことが予想されるため、スパーズはその状況に慣れていかなければならないだろう。トッテナムにとってヨーロッパでの最初のアウェーゲームは来週火曜日、元スパーズの若手であるマーカス・エドワーズが先制点を挙げてフランクフルトを相手に3-0の好発進を切ったスポルティングに乗り込んでの戦いとなる。

名前だけ見れば最も望ましいグループに恵まれたようだが、水曜日の夜の試合で、コンテのチームが11月を迎えた時にリーグのトップに立つために、相当な苦労を乗り越える必要があることを浮き彫りにした。

タイトルとURLをコピーしました