古株の選手たちを信頼し続けるアントニオ・コンテが新戦力の適応を急がせる

この記事は約4分で読めます。

Evening Standard/Dan Kilpatrick

サウサンプトン戦で冷静沈着な勝利を収め、トッテナムへの期待感は高まる一方であるが、アントニオ・コンテは今夏に獲得した6人にチャレンジを強いている。

「この瞬間は新しい選手たちよりも信頼できるよ」とスパーズの指揮官は土曜日の4-1の勝利の後に、新加入選手が1人も先発メンバーとして起用しなかった理由を説明した。

6人のニュー・フェイスはコンテのオプションを強化するために獲得したが、この週末の選手起用を見るに、コンテは9月のミッドウィークの試合が始まるまで、選手起用で試行錯誤をして方程式を見出そうとする可能性が高そうだ。

スパーズの監督に就任してからの最初の2ヶ月間、コンテは自分に与えられたチーム戦力を評価し、自分の命令を実行するために信頼できる選手とそうでない選手を決定した。

エリック・ダイアーからタンギ・エンドンベルまですべての選手を選別し、コンテのスパーズは2月下旬から、4月のブライトンやブレントフォードに対する一時の躓きとなる敗戦を除けば、脅威的なギアを入れて加速していった。

コンテの考えでは、イヴァン・ペリシッチ、イヴ・ビスマ、リシャルリソン、クレマン・ラングレ、ジェド・スペンスはまだフィットネスを改善し、先発イレブンに加わるための準備段階で彼の哲学の教義を学び、古株たちと同じプロセスを完了する必要があるのだ。

「新たに加わった選手たちは我々と一緒に仕事を続け、フットボールの知識を身につける必要があるので、この瞬間は新しい選手たちよりも信頼できるよ」と、コンテは言った。「古株の選手たちと私は前進するんだ。私は古株の選手で先発を入れることを好むよ」

新加入選手の中で、ペリシッチはすでにインテル・ミラノでコンテのもとで働いていたという理由で、日曜日のチェルシー戦に出場する可能性が最も高い選手である。

33歳のクロアチア人は、この過酷なプロセスを経験し、コンテ・ボールの基本を知り、ヘッドコーチがウイングバックに要求することを正確に把握している。

しかし、ペリシッチがスタンフォード・ブリッジのライアン・セセニョンからポジションを奪える保証はない。22歳のセセニョンはセインツ戦で覚醒し、同点ゴールを決めた。この試合で特に輝きを放ったスパーズの4人の選手が、いずれも新加入選手との激しいポジション争いに直面しているのは、偶然ではないだろう。

デヤン・クルゼフスキは、リシャルリソンの加入によって最もポジションがあ危ぶまれているように見えたが、セセニョンの同点ゴールをアシストし、自身のトレードマークと言えるカットインからの左足のカーブをかけたゴールで4ゴール目を決め、ピッチ上で最高の選手であった。

タイトルとURLをコピーしました