スパーズとライアン・セセニョンの進化を測るための良い試練となるチェルシー戦

この記事は約6分で読めます。

しかし、日曜日には右サイドバックにリース・ジェームズという、おなじみの選手と対戦する。彼もまたロンドン生まれで、ユース・イングランド代表を共に成功に導いた同世代の仲間の一人だ。

「僕たちはイングランドのユース年代で一緒にプレーして、U-19の欧州選手権で優勝したんだ。彼はチェルシー、僕はフラムにいた9歳の時から対戦しているよ」

「当時のチェルシーのアカデミーはとてつもない強さを誇っていて、ありとあらゆるトロフィーを獲得していたんだ。でも、その頃の彼はどちらかというとミッドフィルダーで、最近になって右サイドバックに転向したんだよ。彼のことは僕もよく知っているよ」

「彼は素晴らしい選手だね。日曜日の試合では、彼とのマッチアップが多くなるだろう。彼と対戦する機会を楽しみにしているし、自信もある。僕たちは良い仲間だよ」

「たぶん、試合前に話すことはないだろうけど、試合後には話すかもしれないね。前に一緒に出かけたことがあるし、親しい共通の友人もいるんだよ」

タイトルとURLをコピーしました