ハリー・ケインを体調不良に追い込んだアントニオ・コンテの残酷なトレーニングの陣頭指揮を執る鬼軍曹

この記事は約8分で読めます。

コンテは、このセッションが残忍であるという指摘を、選手時代には当たり前のように行っていたこと、そして彼が現役時代、ユベントスのユニフォームを着ていたときにフィットネス・コーチとして誰がいたかを笑い話のように感じていたことだろう。もちろん、ベントローネだ。

ベントローネは、イタリアで最も残忍な指導者の一人として知られている。FourFourTwoの「ジネディーヌ・ジダン特集」では、1996年にユベントスへの移籍を決める前に、ジダンはディディエ・デシャンに電話をかけ、トリノで何が期待できるかを聞いたと書かれている。その時、デシャンはベントローネという名前を恐る恐る口にした。

そしてジダンは、なぜユーベの選手たちがフィットネス・コーチを「The Marine(海兵隊員)」と呼んでいたのか、すぐに理解することになる。

後にジダンはイタリアのメディアに語っている。

「デシャンからトレーニングのことは聞いていたが、あんなにひどいとは思わなかった」

「トレーニングが終わる頃には、吐きそうなほど疲れていたよ」

ジダンは、後に自分の肉体改造をヴェントローネのおかげだと語るようになり、彼のセッションを長く続けることができた選手は、特別なことを成し遂げた達成感を得ることができるのだ。ベントローネは、ユベントスの練習場に必ず「恥の鐘」を吊るし、その鐘は、セッション中に最初にトレーニングを棄権した選手が鳴らすことになっていた。ベントローネは、この鐘を「自分の限界を超えるための刺激だ」と表現している。

また、フィットネスコーチは、練習中に音楽をかけることもあった。練習の強度が最も高くなったときには、ワーグナーの代表曲「ワルキューレの騎行」を流していた。ベントローネのモットーは、「明日走るために今日働く」、「死んでもやり遂げる」、「勝利は強者が手にする」といった文言だった。

イタリアの伝説的ストライカーであるジャンルカ・ヴィアッリは、トレーニング後、ベントローネに激怒し、戸棚に閉じ込めて警察に通報したとの逸話もあるほどだ。

しかし、ある理由から選手たちは、その場では憎まれ口を叩きながらも、自分たちのためにやってくれるベントローネを高く評価しており、トッテナムの試合後には、ベントローネと一緒に選手たちが喜ぶ姿をよく目にすることができるのだ。アシスタントコーチのクリスティアン・ステリーニ、フィットネスコーチのコスタンティーノ・コラッティ、ステファノ・ブルーノとともに、コンテとベントローネの到着後、スパーズの選手たちのフィットネスは劇的に向上し、それが昨シーズンのトップ4入りに大きく貢献し、チームのランニングのスタッツは桁外れに素晴らしいものとなった。

タイトルとURLをコピーしました