/フットボール選手は審判に敬意を示せ – 負の連鎖を生む審判の供給不足

フットボール選手は審判に敬意を示せ – 負の連鎖を生む審判の供給不足

しかし、多くの場合、審判が受けた仕打ちに十分な対処をしないことを責めることはできない。誹謗中傷に対処すると、審判はさらなる誹謗中傷を受けることになるため、見て見ぬふりをし、頭を低くして、ただ試合を乗り切ろうとすることが多いのである。だがそれを何度も繰り返せば、他の何千人もの同士たちとともに、笛を吹くのを辞める日が訪れるのである。

審判の需要と供給の格差は、ある時点で行動に変化をもたらすだろう。クラブや選手が審判にお金を払う必要がなくなったことに満足し、自分たちで審判を用意すればなんとかなると判断することもあるかもしれない。あるいは、より可能性が高いのは、フットボールは資格のある審判が担当した方が良いということに気づき、独立した立場の審判がいてくれることの恩恵を理解し、この役割に対する態度が改善されることであろう。

そして、その審判はまだ間違いを犯すだろう。オフサイドを見逃すこともある。PKの判定を間違えることもある。しかし、それは決して故意ではなく、どんな審判も間違った判定を楽しんでいるわけではないのだ。 私たち 審判は、フットボールを愛し、フットボールの一員として楽しむためにそこにいるのだ。私たちは、自分たちが公正なゲームに貢献しているということに誇りを持ち、隠れることのできない最前線に身を置いていることに敬意を表されるべきだ。だから、あなたも審判を大切にして欲しい。私たちは人手不足なのだ。