エリック・ダイアーとハリー・ケインがトッテナム移籍の大改革を成し遂げたダニエル・レヴィとファビオ・パラティチを賞賛

この記事は約5分で読めます。

コンテはこの夏、すでに6人の新戦力をチームに迎え入れ、そのうちの5人がレンジャーズ戦でデビューし、トッテナムのユニフォームを着て初めてのピッチの上での時間を過ごしている。ケインは続けて、新戦力との生活を振り返り、来シーズンを見据えた。

「僕たちはいい感じだよ。僕らには素晴らしい選手が何人か加わっているね。僕たちは一生懸命働いてきたし、監督もスタッフもみんな素晴らしいし、素晴らしいチームになっているよ。でもいつものことだけど、それをしっかりとシーズン中に発揮しないといけないね」

「これから長い1年だ。8月や9月だけの話ではなく、マラソンのようなもので、その間にワールドカップがある。みんな正しい方向に進んでいるし、ファンも僕たちも本当にいい感じだよ」

こうしたポジティブなコメントの多くを、ダイアーも同じように語っている。ダイアーは、交代をするまえに打撲をしているように見えたが、大丈夫なようだ。

「難しい試合になることは分かっていたし、親善試合と言えるような試合にはならないだろうとは思っていたね」

このディフェンダーはまた、新加入の選手たちをチームに迎え入れることについても語った。シーズンが始まる前に6人の新加入選手がすでに決まっているというのは、ファンにとってトッテナムで見慣れた光景ではないだろう。コンテの就任以来、スパーズのチーム戦力を強化するために、ファビオ・パラティティのような適任者を中心とした野心を示している。

「新しい選手たちはみんなうまく溶け込んでいると思う。かなりシームレスに進んでいるね。チーム戦力をどんどんぶ厚くしていくのは素晴らしいことだよ」

「より競争力のあるチームにするためには、毎日のトレーニングで競争力を感じられることが必要だったんだ。それは僕らにとって素晴らしいことだ。個人としても、チームとしても、みんなを高めてくれると思う」

タイトルとURLをコピーしました