ビスマの妙技、ホイヴィアのインパクト – レンジャーズ戦に向けてのトレーニングで発見した4つのポイント

この記事は約6分で読めます。

トレーニング不参加の選手

ベン・デイヴィスは、1-1のドローに終わったセビージャ戦の終盤に足首を痛め、途中交代を強いられた。そのため、試合後、コンテはこの負傷がディフェンダーにとってどのような意味を持つか説明した。

「大きな問題ではないと思っている。正直なところ、彼は足首に痛みを抱えているが、トレーニングが再開されれば、我々とセッションを始められると思う」

「深刻な問題ではないと思っているし、大丈夫だと思う。ベンは強いし、本当にいい選手で、肉体的にも精神的にも強いし、毎試合プレーしたいと思っている男だ。だから、すぐにでもトレーニングに参加できると確信しているよ」

しかし、スコットランド遠征を前に、52歳はデイヴィスがレンジャーズ戦やローマ戦には出場できないことを明かした。

「シーズンの最初の試合では、彼が回復することを願っている」

そのため、デイヴィスがトッテナムが公開したトレーニング動画に参加していなかったのは、当然のことだった。イヴァン・ペリシッチもまた、屋外でのセッションには参加しなかったが、怪我からの回復を続けているため、屋内でメニューに取り組んでいる姿が目撃された。

セルヒオ・レギロン、タンギ・エンドンベレ、ジオバニ・ロチェルソ、ハリー・ウィンクスは、韓国ツアーの際にロンドンに居残りとなっていた。その理由は明確には語られなかったが、この4人はコンテの来シーズンのチーム構想には入っていないことを示唆していたようだ。彼らはイタリア人のもとでプレー時間を得られずに苦しんでいる。ウィンクスはプレミアリーグの他のクラブへの移籍が噂され、他の3人は海外のクラブへの移籍の可能性が噂されている。

復帰した選手

一方、韓国ツアーから戻ってきたコンテは、復帰組と新戦力の活躍を目の当たりにすることができた。イヴ・ビスマとフレイザー・フォースターは、コロナの陽性反応により、韓国での親善試合を欠場し、隔離生活のため、他の選手とは別に帰国しなければならなかった。

しかし、イタリア人は、両者がトレーニングに戻り、「すべてがうまくいっている」と明かしており、この2人が土曜日にスパーズ・デビューすることになるかもしれない。病気のためにプレシーズンツアーに参加できなかったジョー・ロドンも、トレーニングに復帰しているのが確認された。

タイトルとURLをコピーしました