アントニオ・コンテのトッテナムとの契約状況とユベントスの引き抜きへの影響

この記事は約5分で読めます。

トッテナムとの新しい契約交渉にも前向きに望むだろうと、コンテを知る人物からは伝えられているが、プレシーズン中のイスラエルで、コンテは「自分は長期契約を必要とする人間ではないし、クラブが現在の道筋を歩むなら、自分はその長期的な未来の一部であり続けるだろう」と語っていた。

「正直なところ、私のキャリアにおいて、契約は重要ではなかったんだ。1年、2年、3年という契約期間は必要なかったんだよ。クラブにとっては重荷にもなり得るからね」

「私は幸せだよ。ハッピーさ。我々は一緒に本当によく働いているからね。多かれ少なかれ、契約の1年で状況が変わるということはないんだよ」

「確かに我々は向上し続けたいと思っているし、このクラブにとって重要なものを築きたい。このアイデアで今のやり方を継続する場合、私がトッテナムで続けていくことは何の問題もない。私は居心地が良いし、選手たちのことが好きだし、パラティチとダニエル・レヴィと良い関係を築いているからね」

トッテナムは、コンテがクラブを前進させるためにいかに重要な存在であるかを理解しており、スター選手のハリー・ケインとソン・フンミンはこのイタリア人との緊密な絆を育んでいる。ケインはスパーズとの契約がちょうど2年残っているが、コンテのもとで前進するクラブとの新しい契約交渉にはオープンのようだ。

今シーズン、ノースロンドンのクラブはまだトップギアには入っていないが、それでも結果を出しており、プレミアリーグで2番目に多いゴール数を記録している。コンテはクラブと選手たちに野心を求め、トッテナムの選手たちは自分たちが正しい方向に向かっていると信じている。

今週、スパーズのウイングバックであるマット・ドハティは、コンテについてこう語っている。

「監督はクラブ全体のメンタリティを変えてくれたんだ。僕らを勝者のように感じさせてくれた。監督が過去に多くの勝利を収めてきたことは知っているし、僕たちもそれを目指しているんだよ。ミーティングをしたり、話をしたりすると、自然とその後にやる気が出てくるんだ」

「監督が初めてやって来たとき、そこでミーティングをしたんだけど、そのあと、彼のために壁を突き破ろうという気になったのを覚えているよ。最高の監督の一人だから、監督の言うことは何でも聞くよ」

「彼は自分の仕事に情熱を持っていて、それが僕らのプレーやプレスの仕方に反映されているんだ。僕らは彼が監督になってくれて心底嬉しいし、クラブの監督であることはかなりありがたいことなんだ」

Conte's Spurs contract situation explained and how it affects Juventus links
The Tottenham Hotspur boss has been linked with a return to Italy and his old club Juventus but that would not be a simple move for the Serie A side
タイトルとURLをコピーしました