アントニオ・コンテ:レスター戦を控えての記者会見+1

この記事は約8分で読めます。

ゴール前での決定力で苦戦しているにもかかわらず、コンテのもとで先発を続けている選手の一人がソンだ。この韓国人のスターは昨シーズン、モハメド・サラーとともにゴールデンブーツを獲得したが、今シーズンはここまでゴールを挙げることができず、開幕戦のサウサンプトン戦で1アシストしたのみだった。

この30歳はトッテナムでも人気者で、普段は常に笑顔を見せている。しかし、最近の試合ではソンに笑顔が欠けていることがあるとコンテに指摘された。

「正直なところ、試合中に笑顔が1つあるかないかを気にかけなければならない現状は、それはつまり…。ゴールを決めることが出来ていないソニーはハッピーじゃないだろうがどの試合でも彼自身画素のことをよく分かっている…。おそらく前の試合(スポルティング戦)ではゴールのチャンスもなかったが、ここ数試合では多くのチャンスがあったんだ」

「彼はストライカーであり、昨シーズンはリーグでゴールデンブーツを獲得した。彼がこの状況に対して少し腹を立てているのは、それを変えようとしていることを意味する。それに我々には彼が必要だ。ソニーは我々にとって本当に重要な選手なんだよ」

「特にビッグゲームになると精神的に少し疲れてしまうこともあるんだ。肉体的にも起こりうることだが、繰り返すが、私にとってソニーは決して問題ではありません。私の問題で彼のように悩みたいものだよ!」

「このチームにいる最高の2人の選手うちの1人だ。ハリーもそうだが、最初から出場できない試合もあるかもしれないが、彼を守るため、休ませるため、体力を温存するため、そして勝利のために必要なことだよ。我々は試合中に決定的な役割を果たす選手について話しているのであって、トップに立つためには、常にこのような選手が必要なんだよ」

このコメントが土曜日のレスター・シティ戦でソンを休ませることを示唆しているのかを指摘されたコンテは次のように回答した。

「土曜日はエネルギーが必要だ。エネルギーが必要なんだよ。スポルティング戦はエネルギーがあまりない状態で試合を終え、そのため私は少し動揺している。我々はあの試合で大きな努力を費やしたが、試合は敗戦で終わってしまったんだ」

「我々はエネルギーを失い、そして敗れてしまった。今、私にはもう1日、最善の決断を下す時間がある。土曜日には必ずローテーションを組むよ。いずれ分かることだ。繰り返すが、自分のためではなくチームのために、どんなときでも最善の決断をしようと思っている。私は利己的ではない。皆のことを考えなければならないんだ」

「私は元選手だ。だかわわかっている。選手が自分自身のことを考えるのは知っているよ。私は過去にそうだったからね。今の私はその逆なんだ。私は皆のために考え、最良の決断を下そうとしなければならないが、常に正直な方法でなければならない。常にね。もし私がミスをしたら…正直に対応するだけだよ」

タイトルとURLをコピーしました