スペンス、サンチェス、ケイン…フォレスト戦の前のトレーニング動画で発見した3つのポイント

この記事は約5分で読めます。

しかし、53歳の指揮官にとって重要なのは、日曜日の試合に向けてチームが最高の状態で臨めるようにすることだろう。コンテはクリスティアン・ロメロとオリヴァー・スキップを欠き、ルーカス・モウラとブライアン・ヒルもまだ出場が危ぶまれている状態だ。

今回は、クラブが公開したトレーニングの動画の様子を紹介する。

数字で見る強さ

トレーニングの映像の冒頭では、トッテナムの選手たちが室内のジムで、多くの強化メニューに励んでいる様子が映し出された。上半身を鍛える選手もいれば、下半身に集中する選手もいた。

多くのメニューでスパーズの選手たちは2人組になり、順番を待っているチームメイトが熱心に見ている様子も映っている。これらの映像からは、プレミアリーグで活躍するためのフィジカルの重要性を示しているだけでなく、コンテ率いるチームがトレーニング中に選手同士が互いにどれだけ多くのことを学んでいるのかも示している。

印象的な選手たちアクション

室内練習では、ダビンソン・サンチェスが腕に重りをつけるエクササイズをしたり、コスタンティーノ・コラッティが投げたメディシンボールを蹴ったりしていた。コラッティは、この運動でコロンビア人を賞賛し、ロメロ不在のコンテの先発メンバーを務めるサンチェスを後押しすることになった。

また、サンチェスがパペ・マタル・サールと冗談を交わし、サンチェスが冗談で若手サールをひじで突く場面も見られた。サールは、移籍マーケットの最終週にまだ移籍する可能性がある選手の一人だが、このセネガル代表がスパーズの仲間たちと仲良くしているのを見るのは嬉しいことである。

そして、コンテのチームが屋外でのセッションを始める時が来た。トッテナムが公開したトレーニングの映像では、ディフェンダーがゴール付近からボールを蹴り出し、それを受けたアタッカーがディフェンダーと1対1でゴールに向かってシュートを打つトレーニングが映し出されていた。

ブライアン・ヒルはベン・デイヴィスとマッチアップし、ベン・デイヴィスはこの若者の前に出て最初のシュートをブロックした。第2ラウンドでは、ヒルのスピードがデイヴィスを振り切ったが、シュートはわずかに枠を外れた。

3度目の正直を目指すヒルは、4度目のマッチアップで同じようにデイヴィスを抜き去り、ゴールネットにボールを流し込んだ。ジェド・スペンスもまた、このセッションでその才能を発揮した一人だ。

この夏に加入したばかりのジェド・スペンスは、ハーヴェイ・ホワイトとペアを組み、守備と攻撃の両方をこなした。特にスペンスの実力が発揮されたのは、攻撃側で挑んだマッチアップだった。

この22歳は、ドリブルでホワイトに向かっていき、何度もステップオーバーを繰り返しながら、ホワイトを交わしてボールをゴール下隅に蹴り込んだ。スペンスは守備でも頑張っていたが、攻撃のセンスは彼の強みであるようだ。

タイトルとURLをコピーしました