クリスティアン・ステッリーニ:ボーンマス戦の後の記者会見

この記事は約3分で読めます。

土曜日の午後、プレミアリーグでボーンマスに3-2で敗れた試合の後、ダビンソン・サンチェスや彼にブーイングをしたトッテナム・ファン、チームの戦術についてクリスティアン・ステッリーニが語った一語一句。

今日はどこが悪かったのでしょうか?

私の評価としては、今日は2つの異なるゲームを行ったということだ。ゴールを決めるまでと、2失点目を奪われた後では、いいゲームをしていた。ゲームをうまくスタートできたからこそ、その間の時間帯のゲームは、我々が持つべきマインドセットではない。ゴールを決めた後に我々は引いてしまったんだ。

それでまた失点してしまった。このようなマインドセットを変えなければならない。我々は何度も、強い気持ちで臨み、相手陣内でボールをキープすることを心がける必要があると言ってきたんだ。これができたのは2-1で相手に逆転されてからだった。

終盤はどのような戦術だったのでしょうか?攻撃的な選手がたくさん出ていましたが…

終盤の時間帯は、ハリーを中盤のラインで使っていたんだ。ハリーを下げて、より多くのボールとプレーの可能性を持たせ、4人の選手で攻撃を試みた。それがあのフォーメーションだ。我々には、ゴールを狙うために必要なすべてのクオリティが揃っている。それを活用する意図だった。

タイトルとURLをコピーしました