アントニオ・コンテのリーズ戦レビュー – 決して諦めなかった選手たち [SpursOfficial]

この記事は約3分で読めます。

アントニオ・コンテは、土曜日のプレミアリーグ、リーズ・ユナイテッド戦での4-3のスリリングな勝利について、ポジティブな点、ネガティブな点を挙げている。

この試合は、10月1日から43日間続いた厳しいスケジュールの13試合目、そしてワールドカップによる中断の前の最後の試合であり、勝利で得た勝ち点3によって、試合終了のホイッスルが吹かれたときにプレミアリーグで3位まで順位を戻すことができた。

しかし、このリーズ戦には大いに困難が伴ってしまった。ハリー・ケイン(1-1、24分)、ベン・デイヴィス(2-2、50分)、ロドリゴ・ベンタンクール(3-3、80分)のゴールで3度も追いつくことに成功したが、さらに82分にロドリゴの2ゴール目とスパーズにとっての4ゴール目が決まり、トッテナム・ホットスパー・スタジアムがこの試合で始めての勝ち越しに湧いた。

ポジティブな点

このような試合は、ファンにとって、テレビで見ている人たちにとって、とても魅力的で、エキサイティングなものだと思うよ。我々もそうだし、主人公である選手たちにとっては、プレーしている最中、何が起こったのか理解できないことが多いだろう。

ベンチにいるスタッフや監督にとっては、簡単なことではないんだよ。我々チームは何度も素晴らしいキャラクターを発揮し、多くの試合で立て直してきたから、その側面はポジティブに見ている。今シーズン、選手たちは決してあきらめないし、決してだよ。選手たちは、最後まで戦い抜かなければならないことをよくわかっているんだ。そうやって戦い抜けばどうなるか。そのコンセプトをとてもよく学んでいると理解したよ。

ネガティブな点

一方、ネガティブな面としては、3失点というのは多すぎる。だから、我々はもう一度やり直し、改善の取り組みをして、戦術的な面で改善すべき伸びしろを見つけななければならない。さすがに3失点は、やられすぎだからね。

タイトルとURLをコピーしました