インターナショナル・ウィーク – ソンとリシャルリソンがゴールを記録 [SpursOfficial]

この記事は約4分で読めます。

ハリー・ケインとエリック・ダイアーは、UEFAネーションズリーグのイタリア戦で90分間プレーしたが、ギャレス・サウスゲート率いるスリーライオンズはサンシーロで1-0で敗れ、グループリーグ敗退を避けることはできなかった。ハリーは後半にイングランドにとって最高のチャンスを得たが、イタリアのジャンルイジ・ドンナルンマの見事なセーブに阻まれ、エリックは守備で何度か重要な役割を果たしたが、68分のジャコモ・ラスパドーリの一撃で試合はイタリアの優勢に運んだ。

その他の親善試合では、ロドリゴ・ベンタンクールのウルグアイがオーストリアでイランに1-0で敗れ、ロドリゴは85分間プレー。イブ・ビスマのマリがホームでザンビアに1-0で勝ち、63分間プレー。U-21スペイン代表のブライアン・ヒルはルーマニアで4-1の勝利を飾り、前半をプレーした。

一方、若手ディフェンダーのU-18イングランド代表アルフィー・ドリントンは、スペインのピナタルで行われたコスタ・カリダ・スーパーカップでフェロー諸島に2-1で勝利し、同大会を2勝1敗とすることに貢献した。水曜日のオランダ戦ではアルフィーは温存となり、キーパーのルカ・ガンターとフォワードのジェイミー・ドンリーがともに先発した。

ポーツマスにローン中のデイン・スカーレットはU-20イングランド代表として同大会に参加しており、チリに3-0で勝利した試合の終盤20分をプレー。一方、キーパーのアーロン・マグワイアは、U-19アイルランドに合流し、ウェールズで行われたU-19ユーロ予選でジブラルタルを6-0で破り、85分にベンチから退いた。

木曜日には、イヴァン・ペリシッチとピエール・エミール・ホイヴィアがザグレブで行われたUEFAネーションズリーグで激突し、クロアチアがデンマークを2-1で破った。イヴァンは71分間、ピエールは90分間フル出場した。また、ローン中のウェールズ代表のジョー・ロドンは、ベルギー戦に90分出場した。

U-21イングランド代表の親善試合でライアン・セセニョン、オリヴァー・スキップ、ジェド・スペンスが先発し、アウェーでイタリア代表に2-0で勝利。この3人は71分に大幅な交代で、ピッチを後にした。夏に加入し現在ウディネーゼにローン中のデスティニー・ウドジェは、後半からU-21イタリア代表として出場した。一方、U-21スコットランド代表は、北アイルランドに3-1で勝利したが、ベンチ入りしたマシュー・クレイグには出番がなかった。

この記事を評価する
タイトルとURLをコピーしました