アントニオ・コンテ:レスター戦の後の記者会見

この記事は約8分で読めます。

昔は、一部の選手で毎試合プレーできたので簡単だったんですか?

正直なところ、過去にどうだったかは気にしてないよ。私には私のマネジメントがあり、私自身の考えがあり、私の話はとても明確に語ることができる。私はどんな状況でも、最後にトロフィーを掲げている。それは私のビジョン、私の仕事、私のフットボールに対する考え方が評価されなければならないということだ。そうでないとね…。私は自分のアイデア、自分の考え、自分のやり方で、重要なものを作り上げていくまでだ。

クラブは、我々が選手やスタッフと一緒にやっていることを本当に喜んでくれていると思うし、もちろん、私は妥協したくない。私は誰に対しても妥協を許さないんだ。このことは、はっきりさせておかなければならない。私は自分の道を進み、この道を歩いて行く。これは非常に重要なことで、私は将来も、私と仕事をすると決めたクラブのために重要なものを築こうとするつもりだ。

ソンの肩の荷が下りたのでしょうか?

いつも言っていることだが、特に今シーズンは多くの試合前の記者会見で、「なぜ得点を取れないソニーは外さないんだ」と聞かれたね。私はこれを覚えている。私にとって、ソニーは決して問題ではない。決して、決して、決してね。なぜなら、彼は本当にいいやつで、素晴らしい男で、傑出した選手で、私のチームではハリーと彼の2人がベストプレイヤーだ。もし、ソニーが負傷したり、ハリー・ケインが負傷したり、リシャルリソンやデキが負傷したりしたら、我々は大変なことになる。

ルーカス・モウラが1ヶ月も離脱してしまい、私にとって本当に難しい状況だった。だからこそ、私は自分の仕事を守り、クラブを守り、選手たちの幸福を守ろうとするんだ。次の12試合では必ずローテーションを組むし、そのときそのときで、私が正しいと思う方法でローテーションを組むよ。もし私が間違いを犯したら、それはわからないが、私が下す決断は常に正直なものだ。なぜなら、私は勝ちたいし、選手たちを最高の体調に整え、チームのために最高のパフォーマンスを発揮できるように努めたいからだ。

試合の後、あなたや選手たちはソニーにどのような言葉をかけましたか?

ハットトリックの後、ボールを持ったソニーの姿、そしてマン・オブ・ザ・マッチのトロフィーを手にした姿は、本当に素晴らしかったよ。私にとっても、チームメイトにとっても、これは必要なことだったからね。ソニーだけでなく、我々もこれを必要としていたんだ。嬉しいことだが、これは問題ではなかった。

このような形で問題を解決するのであれば、次の試合では全選手と同じ状況を繰り返さなければならない。今後、すべての選手が私に『お願いだから、私をベンチに入れて』と頼み、そして彼らが途中でピッチに入って3ゴールを決める必要があるんだ。

もちろん、私は冗談を言ってるよ。

Every word Conte said on Son hat-trick, changing Tottenham and not compromising
Here's every single word the Tottenham Hotspur boss said after the 6-2 victory against Leicester City in the Premier League on Saturday
タイトルとURLをコピーしました