デスティニー・ウドジェの獲得が迫るトッテナムがレオナルド・ガッバニーニをチーフスカウトに任命!

この記事は約2分で読めます。

トッテナムが、ワトフォードで働いていたレオナルド・ガッバニーニを新しいチーフスカウトに任命した。

5月にポッツォ家がオーナーを務めるホーネッツとウディネーゼでの役割を解かれていたこのイタリア人は、7月の初めからスパーズの任務に就いている。

一方、現在、スパーズはウディネーゼのデスティニー・ウドジェの移籍を発表を控えている。この左サイドバックはすでにメディカル検査を終え、月曜日にホットスパー・ウェイで長期契約に署名をした。その後、当初1500万ポンドの移籍金が設定されているこの19歳はセリエAの古巣クラブにローンで戻り、今シーズンを過ごすことになる。

ガッバニーニの就任は、マネージング・ディレクターのファビオ・パラティチによって進められているスパーズのスカウト・採用部門の組織再編の一部である。

元エバートンのテクニカルディレクターであるグレタル・ステインソンは、パラティチを補佐するパフォーマンス・ディレクターとしてノースロンドンのクラブに参画し、また元レンジャーズのスカウトであるアンディ・スコウルディングもクラブの上級職に就いている。

かつてスパーズでテクニナル・パフォーマンス・ディレクターを務めたスティーブ・ヒッチェンとリクルートメントのヘッドだったブライアン・キャリーは、数ヶ月前にクラブを去っていた。

ガッバニーニは、スパーズのスカウティング・ネットワークの再構築を担当することになり、ワトフォードとウディネーゼの同様の役割で活躍していた。彼は以前はイタリアのサンプドリアとフィオレンティーナでアカデミーに携わる仕事を担当していた。

エリック
エリック

2020年の秋に、スウォンジーの幹部だったトレバー・バーチとジョー・ロドンがほぼ同時にスパーズにやってきたことがあったね。

Spurs appoint new chief scout with Udogie announcement set to follow
Tottenham have appointed Leonardo Gabbanini, formerly of Watford, as their new chief scout.
タイトルとURLをコピーしました