アントニオ・コンテのチェルシー戦レビュー – この1ポイントが重要 [SpursOfficial]

この記事は約3分で読めます。

アントニオ・コンテは、2度のビハインドから劇的な勝ち点1をもぎ取り、2-2でチェルシー戦を終えた選手たちの「苦しみへの意志」を称賛している。

関連ツイート

スタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグの大一番で2度のビハインドを負った後、ハリー・ケインは96分、イヴァン・ペリシッチのコーナーキックをゴールに押し込み、勝ち点1を手にした。

試合の立ち上がりはスパーズが良かったものの、19分にマルク・ククレジャのコーナーキックからカリドゥ・クリバリがボレーシュートを決めてチェルシーが先制すると、さらにリードを広げようとチェルシーは後半にスパーズが息を吹き返すまでチャンスを掴み続ける。

68分、ピエール・エミール・ホイヴィアが同点弾を決めたときには期待が高まったが、その後、ラヒーム・スターリングがリース・ジェームズにフリーでシュートを放つチャンスを作り、そこをミスせずに決められたことで風向きが変わってしまった。そこからチェルシーは何度かチャンスを逃し、迎えた試合の最終局面でペリシッチのコーナーがケインの頭にドンピシャで合って、スパーズが同点に追いついた。

タイトルとURLをコピーしました