ジャフェト・タンガ:監督は僕をセンターバックのポジションで考えている

この記事は約4分で読めます。

「監督は僕をセンターバックの右か左のポジションで考えている。このポジションについて監督は僕に最も情報を与えてくれ、何をすべきかを教えてくれるんだ。もちろん、(12月の)ノリッジ戦では、必要であれば右のウイングバックの役割もこなせるよ。3バックの左右のディフェンダーとして監督は僕を見ていると思う」

他のディフェンダー陣の負傷によって、タンガンガはコンテの就任から16試合中9試合で先発出場していた。この若いディフェンダーは、この夏、イタリアのクラブを筆頭に、さまざまなクラブへの移籍が噂されているが、本人は移籍については考えていない。

「ただの噂だよ。そういった噂を僕はあまり読んでいないけどね。僕は復帰ができてとにかく嬉しいし、負傷から開放されてできる限りチームに貢献することに集中している。チャンスがあったときには期待に応えられるようにね」

「しっかりと準備を整えておくことが大切なんだ。クリスティアン・ロメロが離脱をして、監督から彼のポジションでのプレーを求められた時期があった。できるだけ多くの試合に出場できることに感謝しているし、監督が望むときにいつでもプレーできることが嬉しいんだよ」

昨シーズンは怪我に悩まされたタンガンガは、オリヴァー・スキップとともに、離脱中もコンテの戦術ミーティングに同席し、経験豊富な指揮官から可能な限りの情報を吸収しようとしていた。

「僕たちは一緒に怪我をしていたんだけど、ミーティングに参加すると、監督はディフェンダーのことを話し、彼らが何を実行する必要があるかを話していたんだ。だから、もし僕がプレーしていたらどうするかということをひたすら考えていたよ。そこでチームメイトと一緒になって頭を使い、復帰したときには、監督が望んでいることを実行する準備ができていると思っている」

「昨シーズンは良いスタートを切り、多くの試合に出場していたけど、その後、ケガをしてしまった。ブレイク(ファーストチームでデビュー)してからずっとそうだったので、ちょっと悔しいよ。負傷もフットボールの一部だっていつも言ってるし、そこも乗り越えなきゃいけない。今は、復帰できたこと、チームと一緒になれたことに感謝しているよ」

ジャフェト・タンガは、トッテナム・ホットスパー・グローバルのフットボール育成セッションで、韓国で最も影響力のある慈善団体の1つで、低所得家庭の子どもたちを支援し、才能を伸ばすことを目的とするChildFund Koreaの若者たちと共に講演を行った。

Japhet Tanganga on his future and where Conte wants him to play on the pitch
The Tottenham Hotspur defender has been speaking to football.london out in Seoul during the club's pre-season tour to South Korea
タイトルとURLをコピーしました