クリスティアン・ステッリーニ:マンチェスター・シティ戦の後の記者会見

この記事は約4分で読めます。

今シーズンのトッテナムのベスト・パフォーマンスであり、シーズン後半への刺激になりますか?

今シーズンのベスト・パフォーマンスの一つだと思う。難しい試合、難しい瞬間に、選手たちはこのような状況下で責任を持ち、プレーし、よくトレーニングしている。その責任感のもと、90分間ベストを尽くす。これが前回のマンチェスター・シティとの対戦からの唯一の違いだよ。

シティを「大きな獣」と表現されましたが、そのようなチームとどのように向き合ったのでしょうか?

自分が対戦相手であるかのように話すことはできないが、我々も大きな野獣であり、異なるスキルを持ったチームなんだ。それは分かっていたのだが、試合前に説明することはできないからね。でも、自分たちのスキルやキャパシティは分かっている。90分+アディショナルタイムでこれを見せなければならない。

今日は前半も後半もよくやったよ。勝ちたいという気持ち、貪欲さ、失点しないという気持ちが本当にすばらしく、すべての選手がそれを見せてくれたからね。

トップ4に挑戦できるということをチームに再認識させる上で、この試合の重要性はどれほど大きかったのでしょうか?

正直、その感覚は失わないと感じている。チームが目標に到達し、トップ4争いに加わることができる、そのことを毎回感じているんだ。また、完璧でなかったときもね。厳しいスケジュールの中で、完璧でないのは当然のことだ。過去には、重要な選手を失ったこともあったし、解決策もなかったからね。

3日おきに試合をすれば、すべての選手が必要になる。今日も投入された選手たちはよくやってくれたよ。今日のビスマ、今日のサンチェス、今日のセセニョンのような選手が、次は別の選手になって同じパフォーマンス、あるいはそれ以上のパフォーマンスを発揮してくれることを期待している。3月18日まで9試合あるので、次の試合では多くの選手を起用することができるし、満足しているよ。

アーセナルは今夜のあなたのプレーに満足すると思いますか?

知らんがな。私はアルテタではないからね。でも、我々はハッピーだよ。我々は自分のチームのことを考え、結果のことを考え、この試合に勝つことが幸せで、それほど重要なことではないんだよ。

タイトルとURLをコピーしました