トッテナム戦で大失態のオリンピック・マルセイユの試合終了後の舞台裏

この記事は約5分で読めます。


経験値不足を露呈したマルセイユ

この事実は、ドレッシングルームを深く動揺させた。ハリトは「うんざりだ」と漏らし、ゲエンドゥージは「コミュニケーション不足とプロフェッショナル・エラー」について話した。ムベンバは「ベンチは知っていたが、フィールド上の選手は知らなかった」と説明した…。イゴール・トゥドールとコーチ陣が知っていたこの情報を知らされていなかったとう事実を、選手たちはネガティブな経験として受け止めた。

選手たちは、このチーム内のエラーについて熱心に語り、彼らの意見では、守備にはシャンセル・ムベンバのみを残してOMが攻撃に転じざるを得ず、パスの出し手であるハリー・ケインとゴールを決めたピエール・エミール・ホイヴィアを含むトッテナムの3選手をフリーにしてしまった最後のプレーを正当化するものであった。しかし、ムベンバがケインへのファウルを決行して、チームのために自分を犠牲にすべきだったかどうかまでは誰にもわからない。

マルセイユのクラブの内部では、どうやっても混乱状態になる時間があるだろう。しかし、この混乱した試合の終わり方を巡るの論争を煽って、監督のトゥドールを罪に問うようなことはせず、「良いゲームだった」と振り返った。OMは、チーム内のある種の成熟度と経験不足を指摘されており、それは大きな試合、重要な場面で失敗として繰り返される。これはおそらく、これからクラブのCEOであるパブロ・ロンゴリアが取り組むべき課題のひとつになるだろう。

OM-Tottenham: les coulisses du fiasco de la fin de match
L'Olympique de Marseille a perdu contre Tottenham (1-2) ce mardi lors de la sixième journée de la Ligue des champions. En encaissant un but dans les derniers in...
タイトルとURLをコピーしました