アヤックスのハキム・ツィエクの獲得交渉中にトッテナムからも獲得に関心が [AD]

この記事は約4分で読めます。

AD/Johan Inan

今週、アムステルダムのクラブとヨハン・クライフ・アリーナに戻るための交渉を開始したチェルシーの控え選手、ハキム・ツィエクの獲得を、トッテナムも検討している。このトッテナム・ホットスパーの動きは、まずアヤックスを脅かすことはないだろう。

イングランドの情報筋によると、アヤックスが獲得を狙う現在29歳のツィエクにトッテナム・ホットスパーも照準を合わせており、クラブは今週中にロンドン市内で移籍について話し合いたいと考えているとのことだ。アントニオ・コンテは、もう一人、できれば経験豊富なアタッカーをチームに加えたいと考えている。ASローマのニコロ・ザニオーロが候補に挙がっていたが、このイタリア人はジョゼ・モウリーニョに説得され、ローマに残ることになったようだ。

ツィエクは、先発の座がほとんど見込めないチェルシーを離れたいと考えている。このエレガントな左ウイングは、ストライカーのアントニーがマンチェスター・ユナイテッドにアヤックスのクラブ史上最高額で移籍する可能性を見越して、ここ数日アヤックスへの移籍に向けたと交渉していたようだ。かつてトゥウェンテやアヤックスでツィエクと仕事をした監督のアルフレト・スフリューデルとクラブ経営陣は、かつてのスター選手のアヤックスへの復帰を望んでいる。

アヤックスのサポーターの多くは、かつてのアシスト王であり、観客の人気者であったツィエクとの再会を望んでいる。そのためには、まずアントニーを売らなければならない。アヤックスの経営陣は、アントニーに対するユナイテッドからのより高い獲得オファーの提示がこれから来ることを考慮に入れている。オランダ王者のアヤックスは以前、8000万ユーロの獲得オファーを拒否したが、アヤックスはアントニーを引き留めたいという思いはあっても、ユナイテッドが1億ユーロという魔法の壁に近づくかそれを超える新たなオファーを出せば、考えを変えると予想されている。

高まるツィエクのアヤックス復帰の可能性

アヤックスはチェルシーからツィエクを獲得するために金銭的負担における努力をしなければならないが、トッテナムにとって金銭面は問題ではないようだ。しかし、2019年に二冠を達成し、チャンピオンズリーグ決勝まであと一歩だったアヤックスでなら、ツィエクがプレーする多くの時間を得られる可能性ははるかに大きい。その準決勝での対戦からツィエクを高く評価していたスパーズは、この夏にステーフェン・ベルフワインをアヤックスに売却したことで、攻撃陣の穴がすぐには埋められていない。コンテはハリー・ケイン、ソン・フンミン、デヤン・クルゼフスキの3トップを擁してプレミアリーグのシーズンを力強くスタートした。

ツィエクにとって、モロッコ代表への復帰は目前である。彼と仲が悪かった代表監督のヴァヒド・ハリルホジッチは、今月初めに解任された。モロッコ協会としては、ツィエクがワールドカップで代表チームに復帰することを切望している。そのため、選手本人は今後数ヶ月はプレーする機会を増やしたいと考えているはずだ。そのプレー時間において、スパーズに移籍した場合は、チャンピオンズ リーグを含む4つの大会に挑むとは言え、カタールでの本戦までの短期間ではアヤックスほどは出番を得られないだろう。

タイトルとURLをコピーしました