チェルシーがスパーズ戦でのソン・フンミンに向けられた人種差別の疑惑を調査中

この記事は約2分で読めます。

この試合では、ブルーズのトーマス・トゥヘル監督が、スパーズのゴールはどちらもビルドアップ中の出来事によって認められるべきではなかったと主張し、いくつかの物議をかもした。

トゥヘルは、アントニオ・コンテとタッチライン上で何度も衝突し、両監督はその行為により起訴されている。

このドイツ人監督は、試合終了のホイッスルが吹かれた後、アンソニー・テイラー主審のパフォーマンスを特に非難し、今後チェルシーの試合で主審を務めるべきでなないと疑問視したことで、近い将来、さらに熱い戦いに身を置くことになるかもしれない。

Chelsea are investigating alleged racist abuse aimed at Son Heung-min
Son started the London derby and played 79 minutes but the incident is believed to have taken place in the second half when he went over to take a corner at the...
タイトルとURLをコピーしました