アレッサンドロ・バストーニの移籍を後押しするインテルの内部事情、アントニオ・コンテの契約延長…ファンとのQ&A

この記事は約8分で読めます。
ボウト・ベグホルストがバーンリーを去ると言っているが、スパーズが注目するような選手なのか?それともクラブが望むストライカーの特性を持つ選手ではないのだろうか?

アラスデア:ベグホルストは過去にスパーズ行きの噂がでたことがある。彼はハリー・ケインのようなタイプのストライカーではないが、ターゲットマンの特徴を持っている。もし彼がバーゲン価格であれば、スパーズは彼に目を向けるかもしれないが、私が知る限り、彼はスパーズが獲得を望むストライカーの中で優先ターゲットでは無いよ。彼が来シーズンにどれだけフットボールの試合に出場したと思っているのか。そしてスパーズが機動力のあるアタッカーを必要とするコンテのシステムに彼がフィットできると見るかに大きくかかっている。

ファビオ・パラティチはまだ彼の右腕となるディレクター・オブ・フットボールを探しているのだろうか? 

アラスデア:私の理解では、パラティチはまだ2人目のディレクターを確定していない。最終面接が行われ、国外の人物に白羽の矢が立っているのは知っているが、まだ任命はされていないようだ。

キャメロン・カーター・ヴィッカーズの最新情報はありますか?セルティックとの契約はまだ決まっていないのでしょうか?

アラスデア:カーター・ヴィッカースは、現在、米国に行っているため、契約についてはあまり進展が無い。当然のことだが、彼はアメリカ代表に復帰し、木曜日のモロッコとの親善試合で途中出場した。今月は3試合があり、日曜もウルグアイとの親善試合があったので、明らかに移籍交渉の障害になっている。

これも純粋に私の意見だが、セルティックは買取オプションを行使すると、スパーズは600万ポンドを手にして、さらに将来の出来高を込みで1000万ポンドだ。それでカーター・ヴィッカースは、グラスゴーに残って幸せな日々を続けられそうだ。彼は今すぐトッテナムを離れたいだろうし、セルティックでは素晴らしいシーズンを過ごし、自分に合った監督のもとでくつろぐことができた。3者がいずれも満足できる移籍だろうね。

タイトルとURLをコピーしました