アレッサンドロ・バストーニの移籍を後押しするインテルの内部事情、アントニオ・コンテの契約延長…ファンとのQ&A

この記事は約8分で読めます。
バストーニを獲得するとして、さらにエリック・ダイアーの上位互換の獲得に動くと思いますか?それとも、多くの試合に備えて、彼の控えのセンターバックを獲得するのでしょうか? 

アラスデア:コンテはダイアーを愛しており、彼が最高のセンターバックの一人になれると考えている。コンテは、この夏、少なくとも2人の新しいセンターバックの補強を望んでいる。特にロドンがレギュラーでプレーするために移籍する可能性が高い。さらにジャフェト・タンガとダビンソン・サンチェスにも獲得オファーが来るかもしれないからね。

ウェストン・マッケニーの噂は本当なのか?彼が実際にトッテナムと契約する可能性はあるのだろうか? 

アラスデア:私はパラティチが1月に半年後の移籍についてマッケニーの代理人に話したことを知っている。もしこのアメリカ代表ミッドフィルダーがこの夏に獲得できるのであれば、彼はチームにとって多くの条件を満たしてくれるので、私はスパーズが獲得を試みてくれることを期待するよ。

ジェド・スペンスを獲得する場合、エメルソンとドハティのどちらが出て行く可能性があるのだろうか?新たにやってくるスペンスは、控えなのか先発なのか? 

アラスデア:現段階では、エメルソンに他クラブからの関心があり、ドハティはコンテが望むような役割を果たせることを証明しているので、ボロの選手(スペンス)を獲得した場合、右ウイングバックとしてドハティとスペンスがその役割を争うという印象だね。スペンスに関しては、スパーズ、ドルトムント、ローマ、ニューカッスル、ブレントフォード、フォレストがミドルズブラの望む金額を支払う意思があり、トッテナムが最有力候補に挙がっていると聞いているが、スパーズの関係者は正式なオファーはまだ提示していないと言っている。今、スペンスが決断を下すのは、約10日後にU-21イングランド代表から戻ってからのことになるだろう。彼はレギュラーを取れるクラブに行きたがっており、移籍の後にローンで放出されるような流れに興味があるとは思われていない。

タイトルとURLをコピーしました