ビラスボアス 会長からの忠告
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check スパーズ関連のメディア報道・その他2012年11月16日
アーセナルとのノースロンドン・ダービーを土曜日に控えるアンドレ・ビラスボアス監督。

チーム状況が芳しく無い両チームは、このダービーの結果如何でいつも以上により色濃くその明暗を分けることになることが予想される。

そのことを誰よりも気に掛けるスパーズのダニエル・レビィ会長から、ノースロンドン・ダービーの比類なき重要性を説かれたと明かす今シーズンからチームの指揮を執るアンドレ・ビラスボアス監督。

「ダービーの重要性を、この2週間ずっと感じてきたよ。チームスタッフも会長もみんながそのことを頻繁に口にするようになってるし、嫌でもその重要性を理解するさ」

「情熱が頂点まで高まる決戦だ。3ポイントを懸けて争う一試合ではあるが、ノースロンドン・ダービーの歴史はそれ以上だよ」

「会長はひっきりなしに忠告してくれるよ。それは当然のことだと思っている。偉大なるフットボールの文化の重要な要素だと認めざるを得ないし、両チームにとってとても意味深いものなのだ」

「この状況でこのトレーニング・グラウンドで赤い服を着ることなど許されないよね。極めて特別な、誰もが認める重要な決戦さ」