/ブルーノ・ラージ:アダマ・トラオレへの正式オファーは届いていない

ブルーノ・ラージ:アダマ・トラオレへの正式オファーは届いていない

ラージはシーズン中にウイングを何度も入れ替えているため、トラオレが常に出場機会を確保できているわけではない。

「19~20試合あるうちの少なくとも半分の試合で彼が先発している。先発メンバーでないときでも、ベンチから途中出場してチームを助けてくれたよ」

「4人のウイングにはとても満足しているんだ。彼らは私に多くのものを与えてくれるからね」

ラージはトラオレがこの移籍マーケットが終わるまでに移籍する可能性があることを認めているが、2月1日以降もトラオレを頼りにできることを願っている。

「私の中では、何も変わらないよ」

「でも、これがフットボールなんだ。クラブは以前からアダマと話をしてきたし、彼の契約はあと1年残っている、それを理解する必要がある」

「クラブと選手にとって良いことであれば、解決策を見出す必要があるんだよ」