/ハリー・ウィンクス:RBライプツィヒ戦(1st Leg)を控えての記者会見

ハリー・ウィンクス:RBライプツィヒ戦(1st Leg)を控えての記者会見

ドレッシング・ルームでチームの結束と活力を高める?

その通りだよ。あまりくよくよしていたって僕らに何も良いことはないってことさ。僕らは浮き沈みを経験してきたし、逆風が吹いていることもあった。今回みたいなことがここ数年でも起こったけど、僕らはいつだって乗り越える方法を探して、結果を出してきたんだ。僕は明日の試合だって同じようにできると確信してるよ。

常に戦って、ハードワークをして、勝つためにできる限りのことをするのがこのチームのメンタリティさ。明日だって同だよ。

昨シーズンは逆境が最高のスパーズをもたらしたが今回もいけるか?

まったく違うよ。昨シーズンのチャンピオンズリーグは、最初から大きな困難に直面していたし、ほぼ敗退を避けられない状況にまで追い詰められていたんだ。そこで僕らは精神的な強さを身につけているし、そういったチャレンジを乗り越える経験を手にした。明日は良いチームが相手だから難しい試合になるよ。それは覚悟しているけど、僕らにも同じように優れた選手が揃っている。本来のスタイルでプレーすることができれば、僕らこそが優位に立てるって信じてるよ。

モウリーニョ監督のもとで役割が変わったことが自身の成長に繋がっているか?

いい感じだね。出番がもらえてる限り僕はハッピーさ。より高度な役割であろうと、守備的な役割であろうと、僕は両方の役割をうまく果たすことができてると思いたいね。

監督が来て以来、僕は守備的な役割になっていって、監督がプレーを改善するの助けてくれたんだ。守備面で僕が改善する必要があると思う点を監督が指導してくれるからね。

監督の話を聞いて、その経験を僕の糧にできるのを本当に楽しんでいるよ。監督の名声は言うまでもない。とにかく自分のプレーを改善できるんだから、喜んで耳を傾けているよ。