/ハリー・ウィンクス:RBライプツィヒ戦(1st Leg)を控えての記者会見

ハリー・ウィンクス:RBライプツィヒ戦(1st Leg)を控えての記者会見

あなたがストライカーをすることは想像でるか?

いや。そこでプレーする自分を考えられないよ。僕は彼と同じくらい良い仕事をすることは決してできないよ。

ソン・フンミンの怪我についてどう思う?

僕らにとって大きな打撃だ。彼は一流の選手で、このところ絶好調だった。週末の試合を振り返ればわかるよね。彼はチームにゴールと運動量、エネルギー、経験、そういった以上のものをもたらしてくれるんだ。彼はとてもよくやっていた。僕らにとっては大きな損失だけど、その穴を埋めるだけの優秀な選手がいっぱいいる。ゴールを決められることを願っているよ。

こんなにも過酷な時期があったか?

いや。ここまで過酷なのは初めてだけど、過去にこんなことが起こったときは、いつだって、他のかたちでゴールを決めて結果を出す方法を見つけてきたんだ。既に十分なクオリティと得点能力を僕らを持ってるよ。ラメラも怪我から戻ってきた。これは僕らにとって重要で、彼だってチームに貢献してくれるはずだ。僕らとって大きな損失ではあるけど、明日にとても大きな試合があるので、そのことに気を散らしている場合ではないんだよ。

モウリーニョ監督は、選手とファンとで乗り越えると言ったが?

間違いないね。明日はホームゲームだから、ファンが僕らを後ろから後押ししてくれることが重要だ。彼らはいつもファンタスティックさ。点取り屋の不在でファンのみんなはおそらくいつも以上に忍耐を強いられるだろうけど、僕らにはファイナルサードでゴールを決めたりチャンスを作り出せる一流の選手がいるからね。負傷者が誰であろうと、僕らは常に一流のチームさ。常にチャンスを生み出せる。明日も同じだよ。