/ウィンクスとシソコ:僕らは結果を出せているし、それが最も重要なことなんだ

ウィンクスとシソコ:僕らは結果を出せているし、それが最も重要なことなんだ

ハリー・ウィンクスとムサ・シソコは同様の任務を課されている。両者は昨年夏のワールドカップのメンバーに選ばれず、非常に落胆した日々を過ごしていたが、今や彼ら2人はチームに欠かせない選手であり、クラブの原動力となってクラブを来たる試合に向けて駆り立てる源となっているのである。

ウィンクスは昨年のロシア・ワールドカップでイングランド代表となるのが夢であったが、足首の負傷によりその夢は辛くも破れ、スパーズのチームメイト5人が1990年以来のイングランド代表の快挙に貢献するのを自宅のテレビで眺めることしかできなかった。

他方、シソコも内心複雑であったろう。フランス代表としてユーロ2016のファイナリストとなった彼は、昨年のワールドカップではレ・ブルーの23人のスカッドには選出されなかった。そしてご存知の通り、ウーゴ・ロリス率いるフランス代表はワールドカップ決勝で輝かしい勝利を挙げ、見事フットボールにおける最高の賞を掲げることになったわけだが、ムサ・シソコはその賞を受賞する瞬間に立ち会えなかったのである。

彼の為すべきはただ一つ、正しい方向に向かって努力し成長し続けることだ。そうすれば将来、彼はスパーズでスーパースターになれると確信しているよ。

シーズン終盤に差し掛かった今、運やチーム状況が重なり(チームメイトの度重なる怪我が主な原因ではあるが)、彼ら2人は中盤の底で同時起用されることになっているが、そのような緊急事態にも全く動じずクラブに多大なる貢献をしている。その結果、我らがスパーズはプレミアリーグ、そしてヨーロッパにおいていまだ強さを発揮しており、先週のチャンピオンズリーグではブンデスリーガ首位のボルシア・ドルトムントを3-0で撃破したのである。