/トッテナムがサンテティエンヌがウィリアム・サリバの移籍について交渉中 [Sky Sports]

トッテナムがサンテティエンヌがウィリアム・サリバの移籍について交渉中 [Sky Sports]

スカイの情報筋によると、トッテナムはウィリアム・サリバの移籍をめぐってサンテティエンヌと交渉中のようだ。

 

しかし、アーセナルは新シーズンにサリバをサンテティエンヌにローンで戻すことで移籍契約の締結を間近に控えている。すなわち、移籍先をノースロンドンのどちらにするかは、サリバ本人の選択に委ねられることになる。

スカイスポーツ・ニュースが今週報じたところによると、アーセナルはサンテティエンヌと2700万ポンドの移籍金で契約を締結する予定で、この有望な18歳のディフェンダーは来シーズンにサンテティエンヌにローン・バックすることになっていた。

サンテティエンヌのロラン・ロメイエ会長は、次のように語っていた。

「彼は今シーズンもクラブ(サンテティエンヌ)に残るだろうね。それは私たちが彼の移籍を受け入れるために合意しなければならない必須条件だ。ウィリアムの願いでもあるんだよ」

昨シーズン、公式戦19回試合に出場し、サンテティエンヌと2023年までの契約を残すU-20フランス代表のサリバを獲得するために、スパーズはノースロンドンのライバルが移籍成立直前にハイジャック試みた。

トッテナムはローマとトビー・アルデルヴァイレルトの移籍について交渉中で、アルデルヴァイレルトの契約条項ではこの夏の移籍マーケットの最終日の前の2週間に2500万ポンドで移籍できる。

一方、ガナーズのキャプテン、ローラン・コシェルニーは、プレシーズンのアメリカ・ツアーへの参加を拒否したため、クラブからの懲戒処分に直面している。

 

TAGS: