/トッテナムが2018年1月の移籍マーケットで補強費を投じるか?ターゲットは誰?

トッテナムが2018年1月の移籍マーケットで補強費を投じるか?ターゲットは誰?

 

しかし、報道によればチェルシーが「紳士協定」によってボーンマスとの間に4000万ポンドでアケを買い戻すことができる取り決めがあるようだ。加えて、マンチェスター・ユナイテッドもアケの状況を注視しているとされる。

ポチェッティーノのスタイルはボーンマスでのエディ・ホウ監督のスタイルと似ている。夏にグリーリッシュの獲得が失敗に終わったこともあり、新たなターゲットとして若くてホームグロウンの才能ある選手としてボーンマスのルイス・クックがスカウトチームの眼鏡にかなった一人となっている。

この元リーズのミッドフィルダーは、昨年のU-20ワールドカップで優勝したイングランド代表のキャプテンを務め、今シーズンはプレミアリーグ12試合中10試合で先発。評価はうなぎ登りだ。

デイビッド・ブルックスとカラム・ウィルソンも、トッテナムが高い評価を与えているであろうタレントだ。

 

その他では、リヨンのミッドフィルダー、タンギ・エンドンベレへの関心を維持しているとスカイの情報筋が見ている。このU-21フランス代表も、スパーズが求めるプロフィールを有した選手だ。9月のチャンピオンズリーグではエティハド・スタジアムでマンチェスター・シティを倒したリヨンの一員として活躍した戦えるミッドフィルダーだ。

エンドンベレの他にもワトフォードのアブドゥライェ・ドゥクレ、ザルツブルクのアマドゥ・ハイダラもスパーズの補強リストに入っている。