/トッテナムが1月の移籍マーケットで補強費を投じるか?ターゲットは誰?

トッテナムが1月の移籍マーケットで補強費を投じるか?ターゲットは誰?

 

この4年間でポチェッティーノの補強にかかった収支は2900万ポンドで、クラブはハリー・ケインやデレ・アリといったスター選手を長期的にクラブに留めること、そしてホワイトハート・レーンを建て替えて新スタジアムをクラブの資本とすることに尽力してきた。

1月にトッテナムがどのような動きに出るかは、残り6ヶ月で契約満了を迎える選手たちの動向によってくる。彼らの後継者をこれからの半年で見つけられるかどうかだ。

現状のままであれば、ヤン・フェルトンゲンとムサ・デンベレが契約満了となる。そしてトビー・アルデルヴァイレルトは1年間の契約延長オプションがあるが、そのオプションを行使すると来年夏には2500万ポインドの移籍金条項が有効になる。

 

Spurs defender Toby Alderweireld is out of contract in the summer

 

フェルナンド・ジョレンテとミシェル・フォルムも夏に契約満了となるが、スカイスポーツ・ニュースの理解ではスパーズは夏までに彼らの代役を補強したいと考えているだろう。

よって、ピッチの中央の縦のライン、特にセントラル・ミッドフィルダーとセンターバックが次の移籍マーケットの補強ターゲットとなる。