/トッテナムが1月の移籍マーケットで補強費を投じるか?ターゲットは誰?

トッテナムが1月の移籍マーケットで補強費を投じるか?ターゲットは誰?

夏には財布をしっかりとポケットの中にしまい続けたトッテナムが、1月にはチーム戦力の増強を狙った新戦力の獲得に動くだろうか?

 

シーズンの初め、トッテナムはプレミアリーグの歴史上初となる「夏の補強ゼロ」のクラブとなった。

マウリシオ・ポチェッティーノは、夏に新たな血をチームに投入できなかったことについて「後悔はしていない」と言っており、スパーズのここまでの国内戦での戦績はプレミアリーグで4位、首位マンチェスター・シティとは5ポイント差、3位チェルシーとのはわずか1ポイント差となっている。

「我々クラブは1月にクラブを前進させるためにチーム戦力のリフレッシュを目指す必要がある」とポチェッティーノは語っているが、スパーズが新戦力の獲得を狙う時に優先補強ポジションとなるのはどこだろうか?

そしてスパーズが狙う補強ターゲットとは?

 

それでは見ていこう…

 

補強と放出は一体か?

1月こそはクラブが方針を変えて補強に打って出ることを期待しているスパーズ・ファンは失望することになるだろう。

他のトップ6のライバルたちとは異なり、スパーズは6500万ポンドを投じてゴールキーパーを補強したリバプールや、40万ポンドの週給でアレクシス・サンチェスを引き抜いたユナイテッドとは異なる。トッテナムはそのような動きには出たりしない。