/モウリーニョのもとでトロイ・パロットにより期待ができる理由

モウリーニョのもとでトロイ・パロットにより期待ができる理由

長期的な将来がクラブにあることを10代の若きストライカー、トロイ・パロットに実感させるために、ジョセ・モウリーニョはより多くのファーストチームの機会を与えるつもりだ。

17歳のパロットは、バーンリーを5-0で倒した土曜日の試合の後半にベンチからピッチに立ち、プレミアリーグ・デビューを果たした。そして、水曜日のチャンピオンズリーグ、バイエルン・ミュンヘンとの消化試合で、モウリーニョはハリー・ケーンを遠征メンバーから外すことを示唆した。

来年1月にはスパーズとの契約が残り18ヶ月になるパロットに対し、ブンデスリーガでその才能を開花させる次なるイングランド人ヤングスターへの期待をドイツのバイエルンやボルシア・ドルトムントが抱いている。

バイエルンのカールハインツ・ルムメニゲCEOとウリ・ヘーネスは、10月のUEFAユースリーグでスパーズと対戦した際にホットスパー・ウェイを訪れ、パロットのプレーに感銘を受けたと伝えられた。パロットはスパーズに満足しているが、すでにアイルランド代表でデビューを果たしているものの、圧倒的な存在感を誇るケインによって、これからの成長を促すための十分なファーストチームでのプレー時間が得られる環境を望んでいる。

土曜日の試合終了後にパロットにその試合のマッチボールを渡したモウリーニョは、ダブリン出身の若者にノースロンドンで大きな未来があることを保証した。試合後にモウリーニョは次のように語っていた。

「ハットトリックを記録した選手に贈られることもあるが、この17歳の青年にはもっと大きな意味があると思ったんだ。先週、彼は同じ年齢の若手選手たちとUEFAユースリーグでプレーしていた。今日、彼はプレミアリーグでプレーした。彼にとって素晴らしい一週間になったと思うよ」

パロットは来月の冬の移籍マーケットを経てもスパーズに残るだろうが、モウリーニョは前任者であるマウリシオ・ポチェッティーノの方針を変更し、クラブの有望な若手選手をローンで修行に出す用意がある。今シーズン、ファーストチームでプレーしたU-21イングランド代表のオリバー・スキップ(19)とディフェンダーのジャペト・タンガンガ(20)は、1月に他のプレミアリーグやフットボールリーグ(イングランド2部以下)のクラブにローン移籍するかもしれない。

マウリシオ・ポチェッティーノは、スパースの特に有望な若手選手たちを彼の手元に置いてトレーニングに加え、成長を見守る方が有益だと考えていたため、ローン移籍を多用しなかった。そのなかで開花したのはハリー・ウィンクスだが、一方で水曜日にミュンヘンで出場機会を得る見込みのカイル・ウォーカー・ピータースのように出場時間が限られた環境のなかで成長が停滞していた。

Tottenham Hotspur