/【コラム】ジャーメイン・ジーナス:なぜスパーズは補強をしなかったのか?

【コラム】ジャーメイン・ジーナス:なぜスパーズは補強をしなかったのか?

スパーズの選手たちはポチェッティーノの個人的な繋がりを感じている

ジョゼ・モウリーニョ監督がマンチェスター・ユナイテッドの移籍マーケットでの動きに不満を呈したのとは大きく異なり、ここ数日間のポチェチーノは、非常に明るく振る舞っている。

ポチェッティーノの姿勢は、彼のチーム内にも浸透している。これもスパーズの現在の位置づけをポジティブに捉えるべき大きな要素だ。

スパーズの選手たちとポチェッティーノについて話す時、選手たちは良いばかりを口にする。選手たちは監督の個人的な接点を含め、監督のすべてを愛しているのだ。

ワールドカップに出場していた選手たちについて、監督が健闘を願う姿勢に選手たちは感銘を覚えていた。イングランド代表かベルギー代表かにかかわらず、監督は選手と連絡を取り続け、またメッセージを送るだけでなく、それぞれの状況について情報を共有しあっていたのだ。

そういった接し方に選手たちは敬意を持っており、実際、反応に現れていた。今、クラブを取り囲む空気は温かいものになっている。

確かにポチェッティーノの要求は厳しく、強度の高いものであるが、選手たちはこれまでの成長に手応えを覚えているからこそ、それを受け入れることができているのだ。