/スパーズ・ファンが知っておくべきファビオ・パラティチのキャリア

スパーズ・ファンが知っておくべきファビオ・パラティチのキャリア

トッテナムは、ジョゼ・モウリーニョの後継者探しを続けており、現在はアントニオ・コンテと交渉している。

しかし、元ユベントスのチーフ・フットボール・オフィサーであるファビオ・パラティチがトッテナムのテクニカル・ディレクターとして迎えられる可能性があるという興味深いサイドストーリーが流れている。

48歳のパラティチは、ポール・ポグバやクリスティアーノ・ロナウドをトリノに連れてきた人物であり、お金のかけずに目を見張るような買い物をした人物でもある。しかし、ルイス・スアレスの一件で、すべてがうまくいかなくなってしまった。

今回、Sportsmailのアラヴィス・カニャッゾが、パラティチについて知っておくべきことを紹介する。

フリー・トランスファーの達人

ファビオ・パラティチは11年以上にわたってユベントスで中核を担ってきた人物であり、若手やフリー・トランスファーとなる一流選手に情熱を注ぎ続けたスポーツディレクターである。

アンドレア・ピルロ、ルシオ、アドリアン・ラビオ、サミ・ケディラ、アーロン・ラムジーなどは、ユベントスのオーナーであるアニェッリ家が一銭も使うことなく、彼が連れてきた選手たちである。

今世紀最大の移籍劇

しかし、彼の最高の取引は、2018年のクリスティアーノ・ロナウドに違いない。

2019年に「Sky Sport」が制作したドキュメンタリー番組では、パラティチがいかにレアル・マドリードからの世紀の取引を仕組んでいたかが明かされた。

「アンドレア・アニェッリの部屋に入って、『会長、私をこのオフィスから追い出さないでください』と言ったんだ」

「私はニュースを持ってきましたよ。CR7を獲得してここに連れてくることができるのです」