/火曜の夜のタンギ・エンドンベレとフランス発の喧騒と…

火曜の夜のタンギ・エンドンベレとフランス発の喧騒と…

もちろん、試合で出番を得られなかったことも彼のモチベーションに打撃を与えただろうが、ジェドソン・フェルナンデス、ライアン・セセニョン、そしてベルギー代表のフェルトンゲンとアルデルヴァイレルトのコンビは似たような状況であった。特に最後の3人はここ2試合にまったく出場していないが、先陣を切って取り組んでいる状況だった。

21歳のジェドソンは誰よりも速くスプリントをしていて、フィットネス・スタッフを感心させようとアピールしていた。

モウリーニョはフランス発のエンドンベレの報道について問われたとき、純粋に混乱しているように見えたが、彼を批判的にみている者ほど、記者会見においてどんな話題が投げ込まれようとも、このポルトガル人がその対処に精通していることを知っているだろう。

火曜日の夜の試合中の90 分間、タッチラインの外で全くウォームアップしない エンドンベレは何らかの不調があったことを示唆しているが、モウリーニョは決して彼を擁護することを拒みはしないはずだが、記者会見でそうはしなかった。

なお、トッテナムは、トレードでの移籍にこのフランス人を使うチャンスがあると思われるにもかかわらず、今夏にエンドンベレを売却することはないと明言している。