/火曜の夜のタンギ・エンドンベレとフランス発の喧騒と…

火曜の夜のタンギ・エンドンベレとフランス発の喧騒と…

プレミアリーグ再開後にまだまったくプレーしていないエンドンベレの立場をさらに追い込まれた。

「彼だけじゃないよ。私はチームのためにベストを尽くそうとしているんだ。12人や13人の選手で試合を始めるわけにはいかないし、そのなかでチームのためにベストを尽くそうとしているんだよ」

「時には、ファーストチョイスにできない選手に謝らなければならないこともある。事実、トレーニングでの選手の姿勢をみれば、ベンチ入りだけでは申し訳ないと思うからね」

モウリーニョはこの最後の一文で、エンドンベレを称賛しているように見えたが、ユナイテッド戦の前に、ここ数ヶ月間でミッドフィルダーが見せた献身への称賛と一致していた。

前述のフランスからの報道によると、「もうモウリーニョのもとでプレーしたくない」と言ったようだが、エンドンベレがウェストハム戦で出場できるようにベンチに置かれたこととは矛盾しているようだ。

スパーズの指揮官にしてみれば、この報道で伝えられたような「大きな衝突」があったとすれば、エンドンベレではなくオリバー・スキップのような選手をベンチ入りさせたはずであろう。

モウリーニョは、自分のもとでプレーする意思のない選手のために時間を無駄にするような男ではない。