/火曜の夜のタンギ・エンドンベレとフランス発の喧騒と…

火曜の夜のタンギ・エンドンベレとフランス発の喧騒と…

そして案の定、ウェストハム戦の勝利を告げる試合終了のホイッスルが鳴った時、ドーバー海峡を挟んだ隣国から最新のニュース速報が流された。

今回の報道によると、エンドンベレは今週、「モウリーニョに対して、もうあなたのもとでプレーしたくない、と言った」と伝えられており、「2人はもはや言葉を交わすことがない」、「周りのチームメイトが2人の間に仲介しようとしている」とのことだ。

このフランスからの報道が発信されたタイミングは、試合後の記者会見でモウリーニョに質問を投げかけるのに十分だった。

「ノーだ(その報道に真実はない)。ベンチにはタンギ、セセニョン、トビー、フェルトンゲン、ジェドソンがいて、彼らはプレーしなかった」

「それがフットボールだよ。私にとっては、何でもないことだ。ベンチにはラメラとベルフワインという攻撃的な選手がいた。2人の素晴らしい選手が入り、さらにウィンクスを投入して、より安定感を持たせることができた」

「5人の交代枠について、5人すべて使わなければならないと思っている人もいるかもしれない。そうする必要はないんだ。あくまで、使ってもよいだけなんだよ」

「チームは素晴らしかったと思うよ。相手選手たちはどこでもトライしていたし、1つのゴールで気持ちが一変しうるわけで、最後の数分でモチベーションがいっき上がる可能性があることを考えれば、2-0のスコアが完全に安全なものだとは思っていなかったので、チームを安定させる3つの交代カードで十分だと判断した」