/火曜の夜のタンギ・エンドンベレとフランス発の喧騒と…

火曜の夜のタンギ・エンドンベレとフランス発の喧騒と…

このフランス代表ミッドフィルダーはウェストハム戦では1分もプレーしておらず、その裏ではジョゼ・モウリーニョとの関係についてのフランスから報道が出された。

トッテナム・ホットスパーのタンギ・エンドンベレとジョゼ・モウリーニョの間には、2つの確信がある。

一つは、フランスの若者の取り巻きたちが、ウェストハム戦の先発メンバーからエンドンベレが外されたことを受けて、その将来をざわつかせる報道をフランスのメディアを通じて発したこと。そしてもう一つは、それらの報道がモウリーニョと本人との原因を悪化させるだけだということだ。

金曜日のマンチェスター・ユナイテッド戦を終えた時点で注目していたポイントがあった。

「もし彼がハマーズ戦で先発しない場合は、フランスから『彼がプレー機会の少なさに不満を持っている』と言った報道がフランスから発信されても驚いてはいけない」

「この23歳の周囲の人々は、母国のメディアを通じて不快感を表明するのがとても早いが、そんなことをしてもモウリーニョからエンドンベレが受ける処遇がますます悪化するだけだろう」